This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.
広報

あなたの手でPRの礎を!おもてなしと商売繁盛を支える 企画思考型広報募集!

株式会社エビソル

Mitglieder von 株式会社エビソル

Alle anzeigen (3)
  • 某大手人材会社が数十名であった成長期に参画。大手商社とのJVとして新規事業でwebメディアの立ち上げに携わり、事業責任者としてM&Aなどを実現させ、6年で従業員数1000名の規模まで事業を成長させる。一貫して、HRサービスにて人事戦略立案から新卒・中途・アルバイトの全雇用形態の採用支援に携わっていたが、7年前にO2Oサービス領域での新たな価値創造に挑戦するために株式会社エビソルを立ち上げる。

  • 今後、事業拡大のスピードを早めたいと思っていますので、一緒に熱く盛り上がれる仲間を待っています。

  • 新卒にて出版社入社を経た後、某大手人材会社のアルバイトメディア領域にて広報宣伝部に従事。その後、リクルートにて海外旅行メディアの編集長および営業責任者、さらにリクルート上海での結婚メディアの制作責任者を経て、2011年エビソル創業時より参画。

Was wir machen

  • 812aaa77 dd71 4f6f aae7 0692fbb7f07c?1545181386 飲食店のITプラットフォーム「ebica」
  • 1299d771 4dec 4bbe 9786 581e7d7b56e0?1545219476 「ebica」で推進するのは、飲食業界のサー ビスEC化!

エビソルは、レストラン・飲食店の「おもてなしと商売繁盛」を支援する事業を展開しています。柱はふたつ……日本国内のレストラン・飲食店向けに、(1)予約管理システム「ebica予約台帳」(2)訪日外国人の集客支援サービス、を提供しています。

(1)予約管理システム「ebica予約台帳」とは?
 レストラン・飲食店向けの、“クラウド型”予約管理システムです。
 「飲食店の予約管理システムって、そんなに重要?」と思ったあなた!そうなんです、ただの便利な業務ツールであれば、あまり意味はないんです。そりゃ便利になったら嬉しいけれど、予約を管理するためだけのシステムなら、わざわざお金を払ってまで導入する意味は薄いですよね。でも、私たちは魂こめて「ebica」をつくっています。なぜなら、「ebica」は単なる便利な業務ツールではないからです。
 「ebica」の目的を一言でいうと、飲食店予約のオンライン化(飲食サービスのEC化)を促進し、お店の予約管理業務を効率化するととともに、予約のハードルをもっともっと下げて、より多くの人がより多くの心地よい飲食体験を享受することができる世界をつくること。オンラインで予約を完結させるためには、オンライン予約システムを使うことはもちろん、飲食店の空席情報をリアルタイムに管理し、常に最新の情報へとアップデートし続ける必要があります。課題は「正確かつリアルタイムな空席情報」を手間なく可視化し、大手グルメサイトを含む集客メディアとシームレスに連携すること。私たちは早くからそこに着目し、技術とノウハウを蓄積してきました。その結果、日本国内の飲食業界における空席管理&オンライン予約の分野でもっとも進化した仕組をもっており、飲食店からも高い評価とお喜びの声をいただいています。
 また、現在サービスのさらなる進化のために、IoTなどの新しい技術の活用やFintechサービスとの連携も視野に入れつつ、システムと仕組のイノベーションに取り組んでいます。

(2)訪日外国人の集客支援サービスって?
 2020年 東京オリンピック、2025年 大阪万博……日本が世界中から注目されるイベント目白押しな中、年々増えつづける訪日外国人旅行者のスムーズな集客支援を実現するべく、2018年に立ちあげた新規事業です。外国人旅行者の方に日本で心地よく飲食していただくこと、そして日本国内の飲食店がますます発展すること、その両立を目指しています。
 インバウンド市場の中でも特に注目度が高いのは、訪日外国人旅行者の四分の一を占め、総人口約14億人という大きなポテンシャルをもつ中国人旅行者です。そこで、まずは第一弾として、中国No.1かつ世界最大級の生活サービスプラットフォーム「大衆点評」を提供する美団点評とパートナーシップを組み、「中国人旅行者に対する適切な情報提供」と「日本の飲食店へのスムーズな送客」を実現するサービスに注力しています。

※美団点評とのパートナーシップに関する詳細
http://www.ebisol.co.jp/archives/677
 
 今後は日本で培った技術力とノウハウを武器に、世界のレストラン・飲食店へ「おもてなしと商売繁盛」のご支援を提供するべく準備中!激動の事業拡大フェーズは、まだ始まったばかりです。

Warum wir das tun

  • 35a769be 756e 45dd 8d2b 128ae5fe0eba?1545219475 ともに新しい価値を社会に提供し続ける仲 間を求む!
  • 8bc6b8a4 2ff7 4de0 83f2 5978c4a22025?1545219476 飲食店で働く人、飲食店を利用するお客 様、全ての人を笑顔にするために。

エビソルは「webとrealを融合させた様々なサービスを通して心地のよい消費を創出する」ことをミッションとしてかかげています。中でも前述のとおり、飲食におけるサービスEC化に対して、特に力をそそいでいます。

 いまから約10年前、モバイルの普及やインターネット通信環境の進化により、ホテルや航空機の予約をオンラインで手軽にできるようになりました。"インターネットでモノを買う"時代から"インターネットで体験を買う"時代のはじまりです。そして現在、グルメサイトでのweb予約普及により、飲食店予約のオンライン化が急拡大しています。この流れはまだまだ始まったばかり。これからますます多くの飲食店が"EC化"の波にのり、O2Oによる集客にチャレンジしていくことになると考えています。

 私たちはその変化に着目し、飲食店予約のオンライン化をよりスムーズに、より的確に進めていくためのシステムとして「ebica」をつくりました。「ebica」を導入する飲食店が、オンライン予約を存分に活用し、集客効果の最大化&"おもてなし"のレベルアップを実現すること。また、オンライン予約可能な飲食店を増やすことで、日本が誇る"おもてなしの飲食体験"をさまざまな年齢層・あらゆる国籍の方へ等しく提供していくこと。それが、わたし達チーム・エビソルの挑戦です。

 この5年で市場は急拡大し、「ebica」をつかう飲食店はすでに1万店超え。「ebica」を操作するユーザーは十数万人に及びます。はじめた当初に比べるとずいぶん大きくなった「ebica」。しかしまだまだ成長途中の「ebica」。「飲食店には商売繁盛を、消費者には新しい体験を」……そのために、まだまだ「ebica」を進化させる必要があるし、インバウンド集客サービスをはじめとする新たな事業にも積極的に取組んでいかなければなりません。

 日本&世界のレストラン・飲食店を輝かせる存在になりたい。そして世の中に新しい価値を提供し続けたい。私たちが「webとrealを融合させた様々なサービスを通して心地のよい消費を創出する」というミッションを推進する理由は、そういった想いを実現したいから、なのです。

Wie wir's tun

  • 24b35358 52fa 4953 9546 f7f052b0e37a?1545219476 わたしたち、チームエビソルにジョインし てください!!
  • 2ebd6a4c d77f 4c53 9247 b47e37a8ddc4?1545219477 四半期に一度の飲み会では部署や立場の垣 根を超えて大盛り上がり!

 私たちはゼロから新しいサービスを創ることが大好きでたまりません。創業メンバーはインターネット黎明期に、ともにwebメディア事業を立ち上げた同志です。その後、それぞれが別の会社でwebサービスに関する仕事を続けていましたが、もう一度ゼロから新しい価値を創りたい!という強い想いに導かれ、それぞれが仲間を連れて再集結しました。「0」から「1」を産み出すのは非常にタフです。しかし、社会に価値ある“何か”を届けるため、営業、カスタマーサクセス、商品企画、エンジニア、ディレクター……様々な職種のメンバーが縦横無尽に連携しながら、チームエビソルとして働いています。

■チームの特徴(1)経験豊富な経営メンバーの近くで実現する挑戦と成長
 エビソルはリクルートや大手人材サービスなどで新規事業を手がけてきたメンバーが集結して創業されました。その知見と経験を総動員し、世の中に新しい価値をおくりだすべくサービス開発に取り組んでいます。そんな経営メンバーと非常に近い距離で働くことで、「経営の視点」に触れながら挑戦し続けることができる環境が整っています。

■チームの特徴(2)ダイバーシティを重視したフラットな組織
 組織づくりの面では、人材の多様性を重視しています。営業も企画もエンジニアも。男性も女性も。独身も働くママ、パパも。国籍に関しても。実に多様な人材を採用し適材配置することで、生産性の高いチームを作り上げています。立場や境遇の違う社員がごく普通に近くにいる環境のため、お互いの相互理解が深まり、とてもフラットな状態で働くことができます。

■チームの特徴(3)ライフイベントに寄りそい長く働ける環境を用意
 社員ひとりひとりの状況にあわせ、フレキシブルに働けるよう対応しています。状況に応じて時短勤務も応相談。男女とも、出産・育児等により変則勤務時間で働きつつ活躍している事例があります。

Beschreibung

エビソル初の「事業企画&広報担当」として、チームにジョインしていただきます。

■やること(1)
あらゆる事業のベースとなる「エビソル」ブランドの構築(コーポレート広報)
「エビソル」ブランドの認知度を高め、ブランドイメージの向上を実現し、ファンを拡大してください。
そのためにはまず、徹底的にエビソルの経営理念、ミッション、戦略を理解する必要があります。それを前提に、コーポレートブランドのコンセプト整理、PRコンテンツの作成、PRの実施・運用を実践していただきます。

■やること(2)
サービス・プロダクトPR
「ebica」や「インバウンド集客事業」といった実際のサービス・プロダクトの認知度向上を実現してください。
サービス・プロダクトPRには、マーケット理解、ユーザー理解、プロダクト理解が不可欠です。それらを吸収し、自社プロダクトの強み、課題について深く考察しながら、効果的なPRコンテンツを作成していただきます。単なる商品説明にとどまらず、ストーリー性に富んだ“エモい”コンテンツを期待しています!

■やること(3)
チームエビソルの発展を支える採用広報
事業フェーズにマッチした最適な人材の採用を実現するため、採用観点でPRコンテンツを作成し、露出強化をはかります。
会社がおかれている事業環境を常に理解・アップデートしながら、各事業の採用計画に照らして最適なPRコンテンツを用意してください。

↓↓こんな人を求めています↓↓

□ 広報ノウハウをお持ちの方
□ 会社やサービスをとりまく環境、背景を深く理解することに自信のある方
□ 効果的なPRコンテンツを作成することに自信のある方
□ 他者を巻き込みながらプロジェクトのディレクションを行った経験のある方
□ 自律的に業務を進めることに自信のある方
□ 自社サービス、自社プロダクトの育成に強い関心をお持ちの方
□ プロダクトの先にある顧客、マーケットを意識して仕事をすることに自信のある方

↓↓この仕事で実現できること↓↓

・セールス、カスタマーサクセス、エンジニア等、事業&プロダクトを支えるあらゆる組織と協力しながら仕事をすすめるポジションなので、幅広い知識、視点を得ることができます
・会社広報の礎を自分で1から作り上げる経験を得ることができます
・飲食店はもちろん、POSシステムやグルメサービス等、有名企業を含む様々な企業とのつながりを持つことができます
・2020年東京オリンピック、2025年大阪万博により、世界から注目される日本の「おもてなし文化」の第一線に位置する外食産業を支える事業・システムの広報担当して、とても刺激的な仕事をすることができます
・自分の裁量で意思決定できる幅が広いため、クリエイティブな仕事をすることができます

Werte

Mehr anzeigen
Gesundheit steht an erster Stelle

社会に新しい価値を創造する、「0」から「1」を生み出すにはとにかく健康でいることが大事だと思っています! 会社としても健康診断、体調管... Mehr anzeigen

Liebe zum Produkt

日本が世界に誇る飲食サービスを支えている自社サービス「ebica予約台帳」を私達はとてつもなく愛しています! 創業から今までに様々なお... Mehr anzeigen

Kreativität und Innovation

変化の激しい社会の中で、様々なマーケットの課題やニーズに好奇心を持ち、既成概念に捉われず、新しいアイディアを発信・カタチにすることを推... Mehr anzeigen

Allgemeine Infos
Suche nach 広報
Jobart Mit Berufserfahrung
Besonderheiten Snacks/Lunch kostenlos
Infos zum Unternehmen
Gründer 田中 宏彰
Gegründet Oktober, 2011
Mitarbeiterzahl 68 Mitarbeiter
Branchen IT (Internet/Mobile) / IT (Telecom/SI/Software) / Advertising

Weitersagen (5)

Weitersagen (5)

Standort

東京都渋谷区恵比寿4-5-27 パティオクアトロ3F

Page top icon