This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.
20新卒エンジニア

経験不問! 自らの意志を持ってプロダクト開発したい新卒エンジニア募集

株式会社LITALICO

Mitglieder von 株式会社LITALICO

Alle anzeigen (8)
  • 2012.4: employment of new graduates as Engineer at LITALICO Inc.
    2012.4 - 2013.4: Launch new web service named famiyell (https://famiyell.net).
    2013.7 - 2014.4: Launch new private school named Qremo (http://qremo.jp) .
    2014.4 - 2014.07: Recruiting engineer and Development Education and Health Ap...

  • 2012年グリー新卒入社。2011年から内定者インターンを始め、広報担当として企業広報・プロダクト広報・社内広報・採用広報と幅広く広報業務に従事。その後動画広告を手掛けるFIVEに転職し、デジタル広告運用に携わりながら、セールス&マーケティング担当としてセミナー企画やオウンドメディアの立ち上げを経験。2017年9月より現職。

  • 2014年4月LITALICO新卒エンジニアとして入社。
    ITものづくり教室「LITALICOワンダー」での講師・教材作成、エンジニアの新卒採用を経験。
    子育てメディア「Conobie」の立ち上げ、開発、運用に従事。
    うつ病症状の予防と回復、再発防止をサポートするコミュニティサイト「U2plus」の開発、運用に従事。
    発達障害を持つお子さまの親御さま向けのポータルサイト「LITALICO発達ナビ」の立ち上げ、開発、運用に従事。

  • 2016年3月に筑波大学大学院システム情報工学研究科CS専攻を修了。高度ITコースというところで、1年ずつ2プロジェクトの運営を行うPBL(Project Based Learning)という形式の学習をしていました。

    2016年4月に株式会社LITALICOに新卒入社、子育てメディアアプリのiOSアプリ開発、サーバサイド(APIサーバ)開発、運用を経て現在は新規事業部に所属。傍ら、2018年新卒のエンジニア研修の設計および運営を行っています。

    また、月に1度ぐらいの頻度で、「TDD+モブプログラミングでワイワイする会」という勉強会にてTDDとモブプログラミングの体験会を運営していま...

Was wir machen

  • 455ada15 7a90 4380 aee0 79b2c3298f76?1534215580
  • 2e3e0ed3 d32f 4108 9c44 b12419053195?1541504128

LITALICOは、「障害のない社会をつくる」というビジョンを掲げ、「障害は人ではなく、社会の側にある」という考えのもと、当事者に対する教育支援、成人当事者を対象としたキャリア開発支援に取り組んできました。

対人支援分野での知見を活かし、メディア運営から多言語対応の知育アプリ開発、当事者の家族向けライフプランニング事業から福祉施設に対する業務支援に至るまで、幅広く事業を拡大しています。

Warum wir das tun

  • 06faf30c 5061 42bc 9f34 54b73dd744c9?1541504128
  • 0d306e1d f9b6 4864 92f3 eac5b41e2e8a?1541504128

株式会社LITALICOは、「障害のない社会をつくる」というビジョンを掲げ、社会の課題と向き合ってきました。

「障害」とはなにか。

社会生活に大きな困難があるために「障害者」と括られている人がいますが、もし、肢体不自由の方が軽快に移動できるカッコイイ車イスがあったら、「移動する困難」はなくせるのではないか。もし、精神的に不安の強い方でも安心して働ける職場があたりまえにあったら、「働く困難」はなくせるのではないか。社会には多様な人がいます。社会の側に人々の多様な生き方を実現するサービスや技術があれば、障害はなくしていける。

「障害は人ではなく、社会の側にある。」

そのように考え、働くことに困難のある方向けの就労支援サービス「LITALICOワークス」、学ぶことに困難がある子ども向けのオーダーメイド学習教室「LITALICOジュニア」、IT×ものづくり教室「LITALICOワンダー」を展開してまいりました。

障害者の雇用課題 http://litalico.co.jp/vision/employment/
教育課題 http://litalico.co.jp/vision/education/

Wie wir's tun

  • 7bcf469a ac31 471a ae8d d375f8edd9cf?1541504128
  • 4a066380 3bd4 47ec a39c 8ed56e6d49c8?1541504129

対面型の支援から始まったLITALICOですが、対人支援分野での知見を活かし、メディア運営から多言語対応の知育アプリ開発、当事者の家族向けライフプランニング事業から福祉施設に対する業務支援に至るまで、幅広く事業を拡大しています。

・ママとパパのための情報メディア「Conobie(コノビー)」(https://conobie.jp/
・障害のある方の就職情報サイト「LITALICO 仕事ナビ」(https://snabi.jp/
・みんなでつくる発達障害ポータルサイト「LITALICO 発達ナビ」(https://h-navi.jp/
・知育アプリ一覧(https://app.litalico.com/jp.html
・障害のある子どもと家族の「自分らしい人生」の歩みを支援する「LITALICOライフプランニング」(http://litalico.co.jp/lifeplan/

Beschreibung

LITALICOは2005年に創業し、2015年からインターネットサービスの提供を開始しました。現在は新規事業含む3つのプロダクトと複数の教育系アプリの開発を行っています。

Webエンジニアは2015年頃から本格的に採用を始め、2〜3年かけて組織の基盤をつくり、2019年にプロダクトエンジニアリング部を立ち上げました。

会社としては今年で創業14年目、一部上場もしていますが、エンジニア組織単体で考えると、立ち上げて4年目とまだまだ若い組織です。やりたいこと、作りたいプロダクトがたくさんあります。

LITALICOの事業ドメインである教育・福祉の領域は、存在する課題の数に対してそれを解決する人材、特にエンジニアがまったく足りていません。そこで私たちはエンジニアの育成に重きをおき、その人のバックグラウンドに関係なく、この領域で技術を使って課題解決したいと志を持っている人であれば、誰もがエンジニアとしてファーストキャリアを歩み出せる環境を整えています。

多くのエンジニアの育成・マネジメントに従事してきたCTOの下、学生時代から専門的に技術を学んできたエンジニアを筆頭に、開発経験の有無に関係なくエンジニアに求められる課題解決力の基礎が身につく研修をつくりました。毎年次の代の新卒がエンジニアが研修内容をアップデートしていきます。

研修の卒業時期は一人一人の学ぶスピードによって異なりますが、平均2〜3ヶ月程度です。この研修を卒業後、本人の希望も踏まえて各プロダクトに配属され、先輩エンジニアからOJTを受けながら、能力に応じて徐々に一つのプロジェクトを任されてます。

1つのプロダクトに関わるエンジニアは3人〜6人程度です。教育・福祉の領域はこれまでテクノロジーの恩恵をあまりうけておらず、どういったプロダクトが受け入れられるのか、まだまだ正解が見えない領域です。だからこそ、たくさん試してたくさん経験を積み重ねて成功に近づいていく、そのプロセスが大事だと思っています。そのため、エンジニア一人一人が裁量を持ってスピーディーに意思決定しながらプロダクト開発を行える少人数でのチーム開発にこだわっています。

少人数なので、フロントやサーバーサイド、インフラなど明確なポジションは設けていません。プロダクトの開発状況と本人の得意不得意を考慮しながら、各々が自分の役割を考えて動くことが求められます。時にはエンジニア自ら拠点に足を運んだり、営業同行したりしながらユーザーインタビューを行うこともあります。

ここまで読んでくださった方はお気づきかと思いますが、仕様書通りに開発してスキルを伸ばしたい、特定領域のスキルだけを伸ばしたいと思っているエンジニアの方には、LITALICOは働く環境として最適ではないかもしれません。。

マーケットもそこまで大きくなく、マネタイズも難しい領域でビジネスをするのは難易度がとても高いです。収益率の高いプロダクトを開発することはできないかもしれません。でも、一人一人の人生を変えることができるかもしれない、誇り高きプロダクトです。

自分の力がどこまで通用するのか試したい方、組織を立ち上げるフェーズに参画したい方、身の回りでどうしても解決したい問題がある方など動機は人それぞれで構いません。少しでも興味がある方は、ぜひ話を聞きにきてください。

毎週金曜17時〜18時でプロダクトエンジニアリング部HR担当による小規模交流会を開催します!
※詳細はメッセージにてご案内します。

# 使っている技術
・Ruby、Ruby on Rails、
・Unity、C#、Kotlin、Java、Swift、React
・AWS、Docker、Redash、BigQuery

# こんな人とはたらきたい!
・月並みだけど「ありがとう」と言われるのが結構うれしい
・権限/責任を持ってPDCAサイクルを超高速でまわしながら開発するのが好き
・データも大事だけど、ユーザーの生の声を大切にしながらプロダクトを成長させたい
・未経験だけどプログラミングの勉強すごく頑張りたい/頑張りだした
・プロダクトマネージメント、データ分析、フロント、サーバー、インフラ、UXデザイン、UIデザイン、機械学習など幅広い分野を横断的に学びたい
・職種関係なく多様な業界から入ってきたスペシャリスト達と議論をしながら事業をつくりたい
・福祉業界という難易度の高い分野を技術とビジネスの力で変えることにチャレンジしたい
・副業OKな職場環境でスキルアップしたい

Hervorgehobene Beiträge

Allgemeine Infos
Suche nach 20新卒エンジニア
Jobart Berufsanfänger
Infos zum Unternehmen
Gründer 長谷川敦弥
Gegründet Dezember, 2005
Mitarbeiterzahl 1925 Mitarbeiter
Branchen IT (Internet/Mobile) / Human Resources / Nursing Care / Education / Research

Weitersagen (12)

Weitersagen (12)

Standort

東京都目黒区上目黒2-1-1 中目黒GTタワー16F

Page top icon