This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.
プロジェクトマネジャ/PM

プロジェクトマネージャーを目指す若きエンジニアとお話がしたい!

エム・ティ・ストラテジー株式会社

Mitglieder von エム・ティ・ストラテジー株式会社

Alle anzeigen (4)
  • 1976年10月12日に秋田県仙北郡西仙北町(現大仙市)で生まれる。2002年3月に慶應義塾大学大学院理工学研究科を卒業し、2002年4月にシステムエンジニアとして日本アイ・ビー・エム株式会社に入社。金融・保険業務、報道顧客向けシステム開発案件のプロジェクトマネージャーとして数々のプロジェクトを成功に導く。2016年12月に執行役員として株式会社SHIFTに入社。エンタープライズ領域における組織目標の設定/要員育成計画の策定/評価制度の整備を行い、それに基づく組織運営、研修/OJTによる従業員スキル底上げを実施。2017年6月にエム・ティ・ストラテジー株式会社を設立。代表取締役社長に就任。

  • ■ 経歴概要
    プログラマーとして、顧客情報管理機能の向上、サービス提供基盤の強化、障害対応力向上、ランニングコスト削減、事務処理スピードの向上を目的とし、銀行の次期勘定系システム再構築の設計/開発を1年8ヶ月経験。流通サービス向け業務パッケージ導入経験もあり。
    ■ 得意分野/スキル
      【業務知識】
    ・銀行/金融の業務知識(特に決済・チャネル系システム部分)
      【IT知識】
    ・各プログラミング言語の読解、コーディングスキル
    (PL/SQL、COBOL、UNIX)

    最近はJAVAを勉強しております。

  • 新卒からITエンジニアやってます。
    金融業界のプロジェクト参画経験が多く、Fintechが世に出てきたこともあって「金融とは」もIT技術と共に勉強中。

    また、初めて参画したプロジェクトがトラブっていたことから、PM(プロジェクトマネージャー)の重要性と憧れを抱いて現在の会社へ転職。
    転職して1年目でCAPM(プロジェクトマネジメントに関する国際資格PMPの簡易版)を取得。
    現在進行形でマネジメントについて勉強中。

  • プロジェクトマネジャーの補佐として、ITシステム開発プロジェクトに参画し、プロジェクトそのものの効率化を計画して実行する仕事を行なっています。理不尽さや非効率が大嫌いで、なんでもかんでも自動化・システム化しまくっています。
    最近好きな言葉は、「life is short learn python」、「3度やることは自動化せよ」

Was wir machen

  • 研修風景
  • 独自の研修教材

<ITプロジェクトの最適解を提案するProject Planningの専門家。>
私たちは、ITシステム開発におけるプロジェクトの課題を発見し、最適となる解を導き出す「Planning」を専門とするITコンサルタントです。
プロジェクトマネジャーといえば、スケジュールと進捗を「Management」する仕事が思い浮かびますが、プロジェクトマネジメントの真髄は、戦略立案と計画作成する「Planning」にあります。豊富な経験を活かしつつ、科学的方法論ををフルに活用して、ITシステム開発プロジェクトにおけるリスク回避と最適化戦略を立案するキーパーソンとして活躍しています。

<巨大プロジェクトの中核を担う>
私たちは現在、誰もが知るグローバル企業と並走しながら、お客様の基幹システム開発のプロジェクト立案をメイン事業として行なっています。仲間としてジョインする方は、いきなり巨大ITプロジェクトのコアメンバーとして、影響度の高い職務をお任せしています。

<チームとして課題に向き合う>
私たちは、コンサル企業にありがちな「ほったらかし」を行いません。コンサル業の成果や能力は属人的で、社内でも競争し合うことも多々ありますが、私たちは、課題をチームで協働して解決することを目指しております。型なしのコンサルの仕事を未経験でも無理なく遂行できるように、全社をあげてサポートする体制を日々開発しています。

Warum wir das tun

  • 社員同士の会話
  • 外部講師による研修

現在、システム開発におけるIT人材不足は深刻な問題となっています。特にシステム開発プロジェクトをデザインする「ITコンサルタント人材」、プロジェクトをデリバリーする「プロジェクトマネジメント人材」の枯渇は業界に大きな影響を与えています。一方で社会においては個人情報保護法の改定によるビックデータ開示、IoT(Internet Of Things)ならびにAI(Artificial Intelligence)の躍進などさらなるIT化が推進されており、IT人材における需要と供給のバランスが明らかに崩れてきています。経済産業省の試算によると、2030年には78.9万人のIT人材不足が懸念されています。

このような背景もあり、昨今人材派遣ビジネスが脚光を浴びていますが、プログラマーやテスターなどのプロジェクト下流局面の作業はグローバル人材活用(中国、ベトナムなど)もあり比較的確保しやすい状況にあるものの、プロジェクトの立ち上げ、要件定義など上流局面で必要とされる「ITコンサルティングスキル」、設計/開発/テストを行うための適正なプロジェクト管理のために必要とされる「プロジェクトマネジメントスキル」を保有した人材については十分に拡充されているとは言えず、人材派遣業者にリクエストしても希望の人材にはなかなか巡り会えない状況となっています。

これらの理由により、当社のITコンサルティングスキル/プロジェクトマネジメントスキルを持った人材が、今後日本を支えていく若い世代を実案件や研修を通して育成し、新たな「ITコンサルタント人材」、「プロジェクトマネジメント人材」として世の中へ供給していくビジネスモデルは、現状のIT人材不足やスキルアンマッチの課題を解決し、社会貢献につながると確信しています。

Wie wir's tun

  • 月次会議後の懇親会
  • キャリアステップ

◆チーム体制
中途入社を中心にメンバー数は20名を超え、各自大手企業様案件に参加する傍らで、資格取得(プロジェクトマネジメント、AI関連)のための学習や、机上研修受講により自己啓発を進めております。参画案件内では経験あるコンサルタント、プロジェクトマネージャーよりOJTによる教育を受けられる体制が整備されており。昼夜を問わず勉強できる環境です。

◆カルチャー 
毎月第4金曜日に月次ミーティングを開催し、各自の案件状況を共有するとともに、ミーティング終了後はメンバー全員で懇親会を行うことにより親睦を深めています。また、毎月1,2回のペースで代表取締役社長主催のプロジェクトマネジメント研修が行われており、プロジェクトマネジメントに関する知見をふんだんに得られる機会が設けられています。
メンバーの個性を尊重し、どんな意見が出ても否定せず、将来の日本を支えるプロジェクトマネージャーとしてお互いがお互いを刺激し合う雰囲気に溢れています。

Beschreibung

⭐️プロジェクトマネージャーを目指している、若きエンジニアとお話がしたい!!⭐️

以下のどれかに該当する方はぜひ!目を通してください。

⚪︎ 誰よりも早くPMとして独り立ちしたい
⚪︎ 今の職場ではいつPMに抜擢されるかわからない
⚪︎ 今の職場で、自分の成長が高止まりしている
⚪︎ IT人材として今後のキャリアに悩んでいる
⚪︎ 優秀な仲間に囲まれた環境で働きたい

◉プロジェクマネジャーとは!◉

プロジェクトマネジャー(PM)とは、プロジェクトにおける全ての権限をもって、企業がシステム開発を行う際に、成功への道筋であるプロジェクト計画を立て、プロジェクト作業に必要な要員・備品を調達し、プロジェクト作業を日々監視の上、作業遅延等問題が発生したら対策を検討するなどの、プロジェクト成功のための戦略考えて、実現するITのマネジメント専門家のことです。私たちは管理だけを行うPMではなく、計画を立てて実行する、コンサルタントを兼任するPMを育てています。

◉仲間になってから3年間のキャリアイメージ◉
IT業界で生きていく意思の固いかたなら、否が応でも3年で、独り立ちできるPMに育て上げます。
エンジニア経験2年、20代で転職した場合のイメージ
ステップ1.PMになるための研修を受講する。資格を取得する。(随時)
ステップ2.大手金融企業の基幹システム開発プロジェクトにて、
チームリーダー、PM補佐を経験する(1年程度)
ステップ3.数千万から数億円規模のプロジェクトに、
プロジェクトリーダーとして参加する(1年程度)
ステップ4.中規模ー大規模のプロジェクトにてPMもしくはPM補佐として参加する

現在入社半年をすぎているエンジニア出身の仲間は全員ステップ2と3の間でキャリアアップのため、奮闘しております。

◉学校のように通い、学び、高めあう◉
コンサルティング企業として一番の特徴は、完全フラットな社員同士で学び合い、ぶつけ合う環境が整備されていることです。競争による成長より、協業による発展を目指しており、代表を含めてみんながフラットに話し合いながら、引っ張り会うことを徹底しています。

Yさんの場合:IT未経験で転職→エンジニアとして高く認められ、早速PM補佐
Oさんの場合:ITエンジニア2年で転職→いきなりプロジェクトリーダー、PM補佐
Hさんの場合:ITエンジニア3年で転職→自社開発サービスの開発PMに

◉時代を先取りする◉
企業派遣の仕事なんてつまらないよ!と思われるあなた!
私たちは、10年後の業界スタンダードを常に意識して、新時代の人材育成と事業開発もどんどん進めています。自分でやってみたい社内プロジェクトがあれば、社内プレゼンをうけて、いくらでも開発支援を行います。未来の定番となるサービス開発に向けて並走する仲間を求めています!

・設計書情報を一括管理し、プロジェクトの効率化を自社クラウドサービスの開発
http://www.mt-strategy.biz/tool/
・DeepLearningやRPAを駆使した新しいプロジェクト、業務支援ツールの研究
→絶賛研究中!
・最速で成長するコンサル育成の組織作り
→日々磨きをかけています。

◉これだけは約束できる◉
⚪︎ どこよりも早くPMとして自立させます
⚪︎ 学ぶ姿勢にお答えします。
⚪︎ やってみたい気持ちを最優先にします。

一度オフィスに遊びにきてください。(週末や夕方でもOK)
転職の相談、キャリアに関する悩み、PMになれる方法、なんでもお話いたします。
オフィスは、GINZA SIX に位置するWeWorkとなります。

(応援とフォローもよろしくお願いします!)

Hervorgehobene Beiträge

Allgemeine Infos
Suche nach プロジェクトマネジャ/PM
Jobart Berufsanfänger / Mit Berufserfahrung / Auftragsarbeit
Besonderheiten Interview per Skype möglich / Internationales Team / Wochenendprojekt / Komm mit Freunden vorbei / Snacks/Lunch kostenlos
Infos zum Unternehmen
Gründer 田口 政孝
Gegründet Juni, 2017
Mitarbeiterzahl 20 Mitarbeiter
Branchen Consulting / Survey / IT (Internet/Mobile) / IT (Telecom/SI/Software)

Weitersagen (1)

Weitersagen (1)

Standort

東京都中央区銀座 6-10-1 GINZA SIX 13F