This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.
Web広告運用

自由な広告運用でWebマーケの経験値、稼ぎませんか?

株式会社LIBELLA

Mitglieder von 株式会社LIBELLA

Alle anzeigen (1)
  • 1990年12月7日生まれ、長野県出身。北海道大学卒業後、2013年同大学の大学院在学中に一足先に起業した先輩についていく形で広告系ベンチャーに入社。広告系の会社で3年間勤務後、2017年5月に株式会社LIBELLAを設立。わずか設立1年4ヵ月で月商2億円へと成長を続け、今後は「売上100億円」を実現する組織を目指し、日々邁進しています!

Was wir machen

  • 807a76b3 2d30 47a5 aa9a d8dff196bd45?1551844555 最初は先輩についてWeb広告の基礎知識や媒体特性、運用方法、数字管理の仕方などのノウハウを受け継ぎます。
  • 73afe0e7 fd20 4fbd 978c 9ec9aa0c7ee8?1551844556 週1回は運用チームで全体会議。他の担当者がどのような運用をしているか?どれだけ利益を上げているのか?共有する機会となっています。

【目標はデカく、年商100億円企業!】

私たち「株式会社LIBELLA」は設立2年のベンチャー企業。1年で従業員数は15名ほど増えましたが、それでもまだまだ30名に届かない、小規模と言える会社です。

そんな小規模ながら、昨年度の年商は約47億円。インターネット広告事業のみで見ても年商27億円に到達しました。
すごく単純な計算をすれば社員1名あたり1億円の売上。ベンチャーに限らず、大企業を含めてもこの生産性はなかなか見られないでしょう。

昨年はFacebookやGoogle・Yahoo!、アプリ系、各種DSPで広告を運用するインターネット事業以外に加え、EC事業が本格稼働。こちらも急速に拡大・成長し、1年足らずで年商20億円まで伸びています。
この勢いは“外から見れば”十分すぎる結果かもしれません。

ですが私たちの目標はあくまで「年商100億円」。

広告事業もEC事業も単純に倍近い売上を作らなければ、目標には遠く及ばない。目標実現のためには事業部問わず、メンバー増員が欠かせず、今後もますます採用を強化していきます!

【裁量があるから、貪欲に成長できる】
LIBELLAの急成長の秘訣は「メンバー1人ひとりに裁量を与える」環境にあります。24時間365日、休みなく動き続けるWeb広告の中で「迅速な対応」は必要不可欠。

もちろん時と場合によりますが、一々代表や上司に確認を取って対応を待っていたら、勝機を逃すこともあれば、赤字が膨らむこともある。流れの早いこの業界で勝ち続けるには、自分で考え、自分で決断を下せるかどうかが重要です。

だから年齢や性別、前職のキャリアに関係なく出来うる範囲で裁量を与え、その場その場で適切な判断が下せる環境を用意しました。この自由さ、スピード感が急速な利益拡大を支えていると痛感しています。

では実際、どのような社員が活躍しているのか?
その成長スピードはどのようなものか?
簡単にご紹介させてください!

【入社3カ月で億越え媒体を任せられる】
●未経験/入社6カ月/DSP担当
前職はレジャー業界で広告経験、一切なし。しかも、最年少社員。にも関わらず入社1ヵ月で独り立ちし、3ヶ月で先輩が任運用するような「ひと月で億単位の予算を使える」大型媒体を担当。
早い段階で担当媒体を赤字から黒字に転化し、黒字化に時間がかかると思われていた大型媒体も2ヶ月目には黒字へ。

活躍の理由は「数字・数値の分析が得意。Excelも巧みに使いこなせる」というスキル面、「物おじせず、自分の判断で広告運用を行う」メンタル面にあります。
自由な環境だからこそ何でも自分で試し、貪欲に学んでいく人は、成長スピードが早い!

【利益の3割を担う、広告事業のキーマン】
●業界経験者/入社11ヶ月/Google担当
SEO系の経験者。ある程度知識と経験があったアドワーズ(現Google広告)を任され、早期に月間売上7000万円、利益2000万以上の実績を叩き出しました。
Googleが不調だと事業部の利益も傾く。それくらい重要なポジションのリーダーとして、今ではアルバイト2名のマネジメントも行い、チームとして成果を出しています。

知識と経験があったとはいえ、ここまで成長させられたのは本人の行動力と意思。多くの商材を抱えながらも「日次データ」を集計し、しっかりと日々の効果のブレを見て、最適な運用を行った結果です。

他にもまだまだ活躍されている方はいますが、スペースが足らないのでこの辺りで。興味をお持ちの方は面談の際に訊いてみて下さい!

Warum wir das tun

  • 8a35683e bd81 45bf 8b3a dfccfd5dee1f?1551844555 Web広告は24時間365日動き続けます。その中で効率よく利益を上げ、時間を作るには、日々の数字の動きを細かく管理する必要があります。
  • 9fc53459 f889 4b04 bbbe d08fe2a043dd?1551844556 広告事業で培ったマーケティングのノウハウを活用し、EC事業もスタート。早くも広告事業に肩を並べる成果を挙げています。

【Web広告はビジネスチャンスに溢れている】
企業が使用するインターネット広告費は年々増加しており、2017年には1.5兆円を突破。当時のテレビメディア広告費は1.8兆円なので、その差は既に埋まっているかもしれません。
マスコミ四媒体(新聞・雑誌・ラジオ・テレビ)が衰退・停滞する中で、インターネット広告の成長と拡大は続くでしょう。

これだけの市場ですから、当然相応のビジネスチャンスが眠っています。弊社も同業界の中では著しい成長を遂げている自負がありますが、それでも市場規模からすれば「たかだか47億」です。100億に到達しても、なお広がる可能性しかありません!

【当たり前に見ているからこそ、価値がある】
今や老若男女問わず、スマホやPCを使う時代。例えば、欲しい洋服や家電製品があった時、いきなりお店に行くよりも、まずインターネットで調べていませんか?
外食する時でも構いません。ぶらぶら歩きながらお店を探すのも楽しいですが、近場のお店を検索、レビューサイトを見て予約していく、なんていうのは当たり前のコト。

私たちの生活にインターネットは欠かせません。Web広告は日常的なインフラの中に存在し、無意識の間に誰もが見るモノにまでなりました。
それくらい自然に存在するからこそ、広告としての価値が高く、マスコミ媒体と違って比較的気軽に参入できます。

でも意外と多くの企業がまだWeb広告を使えていない、慣れていないために機会損失を招くことも…。
そんな時こそ私たち「LIBELLA」の出番です!

【独自のノウハウで圧倒的に商品を売る】
どんなに魅力的な商品を開発しても、「買ってくれる人」にアピールできなければ、お金をかけても売れません。
私たちはそのようなクライアントの商品に対し、Web広告を用いて集客・販売。1月で数千件販売するという、クライアントが想像もできない成果を生み出してきました。

新しい商品が生まれ続ける限り、私たちは必要とされます。
クライアントの商品をアピールし、集客・販売すれば、私たちの利益にもなり、クライアントの利益にもなる。
私たちが利益を求めなければ、クライアントも事業を拡大することができません。
だからこそ「利益を上げる」意識はとても重要です。

Wie wir's tun

  • A5daa982 c73b 45eb ac48 407acee90814?1551844555 社員・アルバイト含めて従業員は24名。男女比はほぼ半々です。コミュニケーション量も多く、仲が良いですよ。
  • 5f89f257 9961 4e5e a88e df64fa0b3e44?1551844557 こちらは昨年度の社員旅行の一コマ。希望者を募って、シンガポールに行ってきました!

【分業だからこそ、深く経験値を稼げる】
Web広告の運用では1人の担当者が商品の選定を行う、記事を書く、出稿する、分析するなど“広告のすべて”を任されるケースが多くあります。

その中で私たちはあえて分業制を選びました。
経験を得る幅は狭まるかもしれませんが、「広告運用」「Webマーケティング」に特化して経験を積みたい、チャンレジしたい方にとっては最適な環境だと思います。

運用以外の部分で言えば、関係事業者(ASP)との折衝や営業、商品選定は基本的に代表・役員が担当、広告に用いる記事LPは常駐ライターが作成、スキルが求められる画像・動画(GIF)は業務委託のクリエイターに委託。
広告運用担当者が行うのはメディアを抱えているDSP側の営業との折衝(開拓は基本行いません)、広告出稿に必要なキャッチコピー(多くは25文字前後)、簡単なクリエイティブ作成(画像の切り抜き・サイズ変更など)、出稿手続き、効果の分析になります。

役割分担を徹底しているからこそ、Web広告業界の中では珍しいほど残業が少なく(より正確に言えば、残業したい人はすればいいし、定時で帰りたい人は帰ればいい、という自由さ)、同業他社の方から「そんなに利益出しているのに、なぜ残業しないで済むのか?」と驚かれることもしばしば…。

一方、分業制のデメリットとして、利益が上がった際に「商品が良いのか」「記事LPが良いのか」「広告運用が良いのか」、どこに理由(原因)が不透明になりやすい、改善する場合に直接手を加えられる部分が限られる、などの問題もあります。

こういったデメリットを解消するには横のつながりを持ち、より組織的な運用を行うことと考え、現在は管理職を置く、マネジメント経験者の採用に着手するなど、組織改革を進めている最中。一緒に試行錯誤して環境を整えていきましょう!

【あなたの“やりたい”を全力で評価】
スピード感のあるWeb広告だからこそ、“指示待ち状態”では利益も上がりませんし、成長もできません。当然、評価にもつながらない。自ら手を挙げ、率先して行動を起こす人ほど早く昇給・昇進させ、実力を認めて先に進んでいただきます。

実際、社歴や経験に関わらず、当社の代表は「やりたい!」と手を挙げた人の行動を評価、挑戦する機会を与えてきました。

例えば入社3ヶ月で採用面談に関わったり、入社9ヶ月で未経験にも関わらず広告運用チームの管理を任されたり、在籍1年の間に2度の昇給・1度の昇進をした方も。

もちろん“結果”も大切ですが、それと同等、もしかするとそれ以上に“挑戦の過程”を評価する環境のため、アクションを起こせる方には多くのチャンスがあります。

【統一感ゼロ!?バラバラな個性が魅力】
よく面接や面談の場で「御社で活躍する人は、どんなタイプですか?」という質問を受けますが、予め回答するなら「タイプはありません」
というのも本当に経験も個性も統一感がないのです。在籍メンバーの9割は未経験で、職歴も「施工管理、営業、販売、物流、求人業界」など見事にバラバラ。

最低限のルールはあるものの副業を認めている為、アルバイトの方を含めると「現役マルチタレント・アイドル・小説家・DJ」といった方々も活躍しています。

ひとつだけ代表が社風としてこだわっているのは「楽しく働くこと」
仕事中はもちろんですが業務外ではこれまでに「野球観戦、日帰りで釣り、泊りでキャンプ、映画を見にいく」といった突発的なイベントがありました。

定期的な社内行事としては毎月月末に行う全体会議後の飲み会、年1回の社員旅行があります。

代表の楽しく働けるようにという想いから、イヤホンで音楽を聴きながら仕事をする、休み時間にサッカーする、筋トレする、昼寝してその分残って働くなどもOK。各々が自由にのびのびと、自分のポテンシャルを最大限発揮できる風土を整えています。

Beschreibung

【具体的な仕事内容】
Web広告で用いるキャッチコピー・クリエイティブ(画像やGIF)の作成から、広告の出稿・効果分析・改善の施策立案などの運用業務まで一貫して担当してもらいます。
広告ジャンルとしては「ネイティブ広告」がメイン。直接商品購入ページに飛ばすのではなく、商品の使用感などを紹介する「記事LP」を挟んで購入率を上げる手法を取ります。

はじめは先輩社員について各媒体の特性、管理画面の見方・使い方、効果分析の手法、コピー・クリエイティブの作成などを学んでいただきますが、Web広告・Webマーケの経験をお持ちの方や、営業含むDSP経験者は早い段階で担当媒体を持ち、独り立ちすることも可能!

本人の意欲と行動次第では入社数カ月で億単位の予算を動かすこともできますし、新たなDSP(メディア)を開拓することもあるかもしれません。
年齢や前職の経験関係なく、「利益を上げるためのアクション」を起こせる方には、それに見合うチャンスがあります。

【業務の詳細】
一般的なブログ、まとめ記事サイト、ネットニュースなどのメディアに表示されることが多いので、ユーザー層を理解して「思わずクリックしたくなる」、そんな目を惹くコピーや画像を用いたクリエイティブを作ります。

■WEB広告の運用
検索連動広告やティスプレイ広告などに出向して広告を運用します。
先輩社員のサポートからスタートし慣れてきたら、Google、Yahoo!、Facebook、ニュースアプリ系などの媒体から、まずは1つを担当。将来的には複数媒体を担当するケースが多いです。運用に用いる記事(LP)は社内の常駐ライターが対応するため、記事を丸々書くことはしませんが、細かい修正は自身で行うことも。

■効果分析・改善施策
広告運用がはじまったら毎日各種データを収集、分析。
広告へのクリック数、記事から商品ページに誘導した数、購入した数、費用対効果などの指標をもとに、「ターゲット、切り口・文言、掲載時期・メディアが適切だったか」を分析し、効果が悪かった場合は、次の戦略に向けてデータを活用します。

■解決方法の実行
「広告がクリックされないから、クリエイティブを変えよう」という場合は複数の広告文や画像を流してABテスト。
一方で「広告はクリックされるが、記事から商品ページにユーザーが誘導されない」という場合は、社内のライターに相談して記事の作成・修正を行います。「商品ページに集客はできているが、買ってもらえていない」という場合は、既存商品を停止し、別の商品を試すという方法も。何が最善かはデータ分析の結果で導きます。

▼歓迎スキル・経験
◎広告運用経験
 ※特にGoogle・Yahoo!・アプリ系・各DSP
◎チームマネジメント経験
 ※業界・職種は問いません
◎Webマーケティングの知識・経験
 ※扱った商材・ジャンルは問いません

▼LIEBLLAにマッチする人物像
◎自由度の高い環境で、積極的に挑戦したい方
◎大きな裁量を持つことが楽しめる方
◎社内コミュニケーションを大切にできる方
◎分からないことは自ら、学び実践できる方
◎仕事を楽しみ、成果を追い求められる方
◎SEOやアフィリエイト経験がある方

Allgemeine Infos
Suche nach Web広告運用
Jobart Mit Berufserfahrung
Besonderheiten Interview per Skype möglich
Infos zum Unternehmen
Gegründet Mai, 2017
Mitarbeiterzahl 27 Mitarbeiter
Branchen Advertising

Weitersagen (8)

Weitersagen (8)

Standort

東京都新宿区西新宿8丁目3-39 STSビル3F

Page top icon