This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.
プロデューサー

つまりそれは、シフトブレインをプロデュースする仕事です。

SHIFTBRAIN Inc. / シフトブレイン

Mitglieder von SHIFTBRAIN Inc. / シフトブレイン

Alle anzeigen (15)
  • SHIFTBRAIN inc.管理部にて、総務と人事を担当しています。
    産休育休を経て2016年4月に復帰させていただき、日々育児と仕事に奮闘中。
    クリエイティブなみんなに刺激を受けつつ、スタッフが気持ちよく、楽しく、リラックスして働ける環境づくりを目指していろいろやっています。

  • 1984年生まれ。東京出身。2児の父。大学で経済学を学びながら、グラフィックデザインを学ぶ。制作会社数社を経て、現在はシフトブレインでチーフデザインオフィサーとして勤務。デジタル領域のアートディレクションやデザイン、UXやUIの設計をベースに活動中。Awwwards, CSSDesignAwards審査会メンバー。

  • SHIFTBRAIN inc. 代表取締まられ役/クリエイティブディレクター。
    今年で会社設立15周年。諸先輩方の作るものに刺激をもらいつつ、新たなるデジタルコミュニケーションの形を追求中。

  • 1979年生。コミュニケーション・プランニング部所属のWebディレクター。元は某高校生マーケティング会社の企画営業。あまりしっかりしていない方。結構古い方。副業はイラストと文章。もちろん食っていません。

Was wir machen

  • 8722dd48 cbeb 4bf2 b2b0 7109e68c3bea?1506047428 FREAK'S HOUSE
  • C5c0bf7e 429c 4517 a7a0 cfbf3939d46a?1522391287 MAQuillAGE

デジタル領域を中心にコミュニケーションプランニング、デザイン、テクノロジーまでを一気通貫で行うデジタルクリエイティブエージェンシー。昨年は創業15周年を迎え、「ワークするクリエイティブ」と「一人ひとりのためのワークスタイル」を追求する『WORKS GOOD!』という合言葉を掲げました。企業/製品のブランディング、採用、キャンペーンなどを中心に、紙/デジタル/映像の範囲での制作を幅広く行っています。
詳しくは、以下のサイトをご覧ください。

●弊社オフィシャルサイト:http://www.shiftbrain.com/
●WORKS GOOD! MAGAZINE:https://works-good.com/
https://twitter.com/worksgoodmag
●SHIFTBRAIN Backyard(制作の舞台裏):http://shiftbrain.tumblr.com/
●Facebook:http://www.facebook.com/SHIFTBRAIN
●Instagram:https://www.instagram.com/shiftbrain_tokyo/
---
●SHIFTBRAIN Showreel 2018(制作実績動画):https://vimeo.com/265154647

Warum wir das tun

  • 0220e172 aacf 4b29 931b b8bfa3ff5695 レンガ造りの建物とロゴのフラッグが目印です
  • 562ab490 3021 4921 a1e0 22c4389e1075 国際交流の機会も増やしています

世の中は、色んな人たちの想いであふれています。
それらをすべて正しく、楽しく伝えることができれば、
世の中はもっと良くなるんじゃないでしょうか。
そんな世の中を作るためにわたしたちができること。
それは"想いを変換し、楽しく伝える"お手伝いをすること。
想いは伝え方次第で、つまらなくも、楽しくもなる。
「モノは言いよう」だなんて、昔の人はよく言ったものです。
だからこそ、伝えたい想いを少しでも楽しく、素敵にシフトする。

「SHIFTBRAIN」という社名にはそんなモノづくりのできる会社を目指すというビジョンが込められています。

◆コンセプト

「WE WILL MAKE IT “WORKS GOOD!”」

ひとつ。ワークするクリエイティブ。
クライアント、ひいては世の中の課題を解決して初めて、僕らのクリエイティブはワークしたと言える。クライアントよりもクライアントを知る、そんな気概で臨むヒアリングで。確かなロジックから導き出された多角的な戦略で。そして何よりも、不確かな感情を強く揺さぶり、記憶に焼き付けるようなクリエイティブで。理屈は大事だ。大事だけれど、僕らはかつてなかったアイデアのために、レイアウトの1ピクセルのために、一つひとつのモーションのために、ずっと頭を悩ませていきたい。

ひとつ。一人ひとりのためのワークスタイル。
それはつまり、いい生きかたをするということでもある。それぞれの価値観を持ったメンバーがそれぞれの人生を生きる中で、それでも仲間として同じ船に乗って、同じ目的地にむかうために。どう生きて、どう働いていくべきなのかを全員で考えて、全員でつくっていけるような組織でありたい。

これらふたつのWORKS GOODが綺麗な円を描き、皆さまに驚きや喜びをお届けできるようこれからも歩んでいきます。

Wie wir's tun

  • B052d716 528b 4bd6 8668 1421ff1d4618 1階のカフェスペースは自由に使えます
  • 697c2b08 78fa 4c77 ba67 a21e195910be フリーアドレスなのでどこで仕事をしてもOKです

◆会社について
・朝はコーヒー、グラノーラ飲み食べ放題。週1でフルーツ支給制度も実施中。
・シエスタ(お昼寝)制度あります。眠気を我慢して仕事するなら、寝てスッキリしてから仕事してください。
・社用車(自動車と自転車)あります。
・基本フリーアドレス制。オフィス内なら場所変えて仕事してOKです。
・隔月で、スタッフ飲み会(Chill Out Party通称チルパ)開催してます。
・サークル支援制度あります。いろんな趣味をみんなで楽しもう。(テニス、ゲーム、映画などなど)
・週に1度、弊社カフェスペースでご近所のCOPILOTさんとSONICJAMさんと3社合同のワンコインランチケータリング(通称DONDELI)やってます。
・英語学習支援や海外イベント・セミナーへの補助あり。セブ留学なども企画中。
・定期的に社員旅行を実施。一昨年はシンガポール、昨年は河口湖に行きました。

◆チーム(部)活動について
技術革新の激しい昨今、案件だけに取り組んでいては革新的なものづくりは難しいと考えています。個人がアンテナを張って情報収集し、自ら勉強していけるような環境を作るため、部を支援する制度があります。
・アカウント、PM、制作チーム(designer+planner)×2、ディベロッパー、Admin、というチーム(部)があります。
・各部署に「部費」が割り当てられています。部内で相談して、飲み代にしたり、セミナーに行ったり、比較的自由に使えます。作ったサイトがアワードを受賞したり、雑誌に掲載されると増額されます。

◆オランダにブランチを設立
「国も人種もメディアもデバイスも越えたモノづくり」を指針とし、2017年2月、オランダアムステルダムに支店を設立しました。

◆プチ情報
●代表の加藤自己紹介
・長野県出身、42歳、O型、2児のパパです。
・普段は社長的存在感全くないです。が、デザイナー上がりなので、ものづくりとなると蒸気があふれ出します。多分バカが付くほど真面目です。
・大学卒業後、熱意だけで起業しちゃったのでいろいろ未熟なところがあり、みんなに助けてもらっています。

●社員について
・最年少が23歳、最年長が43歳、平均年齢33歳ぐらい。
・全部で25人、男19人女6人です。
・個性的な人はいますが、悪人やズルい人はいません。これは間違いない。

●仲良くさせていただいている会社
・ソニックジャムさん:http://www.sonicjam.co.jp/
徒歩10秒の場所にオフィスがあるので飲み会や勉強会など、定期的に交流があります。
・コパイロツトさん:http://copilot.jp/
毎日やりとりする仲です。海外研修や研修旅行なども一緒に行きました。

Beschreibung

3年後のシフトブレインは、その3年でどんな実績を残せるかにかかっています。私たちにしかできないものを作り、かつクライアントのビジネスに貢献し続けるためにも、プロデューサーの適切な舵取りが不可欠です。まずはアシスタントからでも構いません。現在プロデューサーを務める代表の加藤、COOの仲村と動きながら、シフトブレインらしさを身につけ、進化させてほしいと思います。

●主な業務内容
実制作フェーズに入る前の、プロジェクト全体のコーディネートが主なミッションになります。「このタイプのプロジェクトはあの人に任せると面白いことになりそうだな」「このプロジェクトが成功したら、今後はあんな案件にもチャレンジしていけるかもしれない」など、あなたの手腕によってシフトブレインをプロデュースしてください。

具体的には
・お問い合わせ対応
・メールでのヒアリング
・クライアント訪問 / 会社紹介 / ヒアリング
・対応可否のジャッジ
・簡易的な提案(時と場合によります)
・予算のコントロール
・メンバーアサイン
・契約締結
などが業務内容になります。

●こんな経験をお持ちの方へ
・プロデューサー経験 2年以上(異業種も可)
・Web業界での経験 2年以上
※アシスタントからのスタートも大歓迎です。

●こんなタイプの方へ
・20代後半~30代後半の方
・能動的に動ける方
・誰とでも気兼ねなく付き合える方
・シフトブレインの制作するものが好きな方
・新しいもの、ことが好きな方

●こんな展望を描いている方
・周りに誇れるような実績をもっと積みたい
・ディレクションやPM経験を生かして、
 より全体をコーディネートするようなキャリアを積みたい

【ポイント①クリエイターへのリスペクト】
冒頭でも記載したように、プロデューサーの最も大切な役割は自分たちらしさを発揮できるプロジェクトへと導くことです。そのためにも、まずは社内のスタッフと仲良くなっていただくことが最初の仕事になるかもしれません。現在私たちは25名。案件に関わるプロジェクトマネージャー、プランナー、デザイナー、デベロッパーはそれぞれ武器があり、手前味噌ですが非常に優秀です。彼らの能力を引き出し、さらに高めていけるようなプロジェクトにできるかどうかは、プロデューサーの腕にかかっています。

【ポイント②組織の未来を考える】
同時に、シフトブレインとしてどのような組織でありたいか、いつも未来を見据えながら動いています。実績が実績を呼ぶこの業界において、将来的にやってみたいことから逆算をして、次のプロジェクトをコーディネートしていくことも大切です。

【ポイント③シフトブレインに利益をもたらす】
一方で、お金という現実的な問題もあります。ちゃんと利益を出しながら、自分たちが楽しく働けて、それでいてクライアントにも貢献するという好循環をもたらすことを目指しています。
したがって、プロデューサーは会社にとっても非常に重要なポジションです。ゆえに代表の加藤とCOOの仲村(入社11年の古株)が担ってきましたが、いかんせん二人で対応するには手に負えないほどのお問い合わせをいただくようになり、いよいよ採用に踏み切ることにしました。

会社のことをいちばん考え、いちばん知っている二人といっしょに動くことで、今度はあなたがシフトブレインの顔になってください。

Allgemeine Infos
Suche nach プロデューサー
Jobart Mit Berufserfahrung
Besonderheiten Komm mit Freunden vorbei / Snacks/Lunch kostenlos
Infos zum Unternehmen
Gründer 加藤 琢磨
Gegründet November, 2003
Mitarbeiterzahl 25 Mitarbeiter
Branchen IT (Internet/Mobile) / Advertising

Weitersagen (4)

Weitersagen (4)

Standort

東京都港区南青山2-19-14

Page top icon