This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.
バックエンドエンジニア

スカラシップ枠でGo Conferenceに参加しませんか? #gocon

Wantedly, Inc.

Mitglieder von Wantedly, Inc.

Alle anzeigen (6)
  • 8 years experience software developer, with 2 years as scrummaster, half-French, half-British, I'm currently living and working in the center of Tokyo, Japan. My main work related interests are scrum practices, efficient development, automated testing and overall in-team communication. I have str...

  • 大学、アルバイト先のネットワークインフラを担当。
    Itamae、Chef、Ansibleを使ったサーバー管理。
    ドキュメント管理ツールDon(http://staging.don.cps.im.dendai.ac.jp/)の開発、運用。

  • 大学入学時に履修科目・単位を管理する学内向けサービスのサークル内開発プロジェクトにインフラ担当として未経験ながら飛び入りで参加しサーバ構築・運用の基本を学ぶ。サービスを運用しながら勉強を続ける中で「Infrastructure as a code」という考え方に興味を持ち、ShellScriptに始まりRuby、GoといったWebサービスのバックエンドに関する開発も行う 。現在はデータマイニングや情報推薦を専門とする研究室に所属し、サーバ運用時の情報推薦に関する研究を行っている。

  • Wantedlyのバックエンドエンジニアです。GoとRailsとか書いてます。
    出身は結構な田舎で最寄りのイオンまでだいたい100kmくらいでした。

Beschreibung

他のテックカンファレンスでも好評だった学生応援プログラムを今年はGo Conference #gocon でも行います!

【概要】
2019/5/18に開催されるGo Conference 2019 Springに向けて、Go開発者の学生の方を対象に、参加費および旅費(宿泊費・交通費)を支援し、コミュニティへ参加する機会を提供させていただくことになりました。

■Go Conference 2019 Springとは?

Go Conference 2019 Springは、エンジニアが主役の、プログラミング言語Goと周辺技術を題材としたカンファレンスです。
https://gocon.jp/

■なぜ、学生応援プログラムをやるのか

Wantedlyではプロダクト開発にGoを利用しています。Go開発者のコミュニティ活動を支援し盛り上げていくことは、当社のプロダクト開発やエンジニアの成長に寄与すると考えています。

一方で、学生開発者にとって、都内のカンファレンスに参加することの負担は大きく、特に首都圏外に在住の学生にとって交通費と宿泊費は大きな障壁となっています。費用負担によって、学生開発者のコミュニティ参加を促すことで、中長期的なコミュニティの広がりを支援出来ると考え、今回このような形で協力させていただく事になりました。

■サポート内容
交通費・宿泊費(合わせて上限あり)
※前日にWantedlyのオフィス見学やなどを企画しています。

■応募条件

「話を聞きに行きたい」ボタンから、ご応募ください。
応募後アンケートに回答頂き、応募多数の場合はGoの開発経験がある方を優先し選抜させていただきます。

■応募人数
3名

■参加条件
- すでにWantedlyのメンバーと話したことがある学生さんも大歓迎です。話を聞きに行くボタンより応募をお願いします。
- 今後の技術の発展及び、学んだことの振り返りも兼ねて、ブログの執筆をお願い致します。 こちらは別途内容をご連絡します。
- ブログのスタイルや、投稿先についての制限は特にありません。
- もしご自身のブログをお持ちでない場合は、Wantedly Visit上のブログ機能「Feed」をお使いください。
「Feed」の使い方:https://www.wantedly.com/companies/wantedly/post_articles/18369
- 書いていただいたブログはWantedlyがまとめ、「Feed」上で公開いたします。

■募集締切
2019年5月6日

■発表方法
5月9日頃を目処にWantedly Visit上にてご連絡いたします
当選、落選かかわらずご連絡致します。

沢山の学生さんのご応募をお待ちしております!

Werte

Mehr anzeigen
Teamfokussiert

「早く行きたいなら一人で行け、遠くへ行きたいならみんなで行け」と言われるように、私たちは「チーム」の力で、社会的インパクトの大きなこと... Mehr anzeigen

Datenorientiert

私たちのプロダクト思想の根底にあるのは「真のユーザーファースト」です。ユーザーの生の声を一つ一つすくうのではなく、実際の行動データを基... Mehr anzeigen

Schnelle Entscheidungen

0から1を生み出すフェイズはワクワクするものですが、実際はリリース後の改善のフェイズで、何回改善のサイクルを回せるかが大切です。本当... Mehr anzeigen

Hervorgehobene Beiträge

Allgemeine Infos
Suche nach バックエンドエンジニア
Jobart Berufsanfänger / Praktikum/ werkstudent
Besonderheiten Interview per Skype möglich / Studenten willkommen
Infos zum Unternehmen
Gründer 仲 暁子
Gegründet September, 2010
Mitarbeiterzahl 100 Mitarbeiter
Branchen IT (Internet/Mobile) / Human Resources / Nursing Care

Weitersagen (22)

Alles anzeigen

Weitersagen (22)

Alles anzeigen

Standort

東京都港区白金台5-12-7 MG白金台ビル4階

Page top icon