This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.
Management (Finanzen, Personalwesen etc.)

スポーツが好き!元気なマネージャー気質の人事・採用担当大募集!

(株)Link Sports

Mitglieder von (株)Link Sports

Alle anzeigen (4)
  • CEO

    富士通及び富士通エフ・アイ・ピーを経て、2014年1月にLink Sportsを創業。

    スポーツ×ITの力で、スポーツをする人の負を解消し、スポーツを通じて日本の高齢化社会や子供の運動能力低下改善、世界の笑顔を増やすことを目指す。ミッションは「スポーツを生きている人全てが楽しく出来る環境を創る」こと。

    スポーツに関わる仕事をしたい。スポーツをもっとしたくなる世界へ。という思いがある方は是非遊びに来てください!スポーツ選手の思いを形にしたり、体を動かして笑顔になることを支援するのは本当に楽しいです!

  • スポーツデジタルマーケティング部 部長

    自社メディアである「AZrena」「LIA」の総合責任者。様々なスポーツメディアのメディア運営、コンテンツ企画・執筆に関わる。土日はサッカーライターとして活動中。

  • スポーツデジタルマーケティング部
    LIA編集部 編集長

    広告制作会社で企画、ディレクション、ライティングのスキルを磨いた後、PR会社を経てLinkSportsに入社しました。LIAの編集、グロース責任とスポーツビジネスの現場や、アスリート取材を担当しています。

    20代後半から半年で5kg太ったことからダイエットをはじめたところ、世の中に間違った情報が氾濫していることに愕然。
    同時に、女性アスリートの生き方は夢に向かって努力する女性の教科書のようだ!とも感じていたため、そうしたストーリーをもっと伝えていきたい!と思い、どちらも解決できるLIA立ち上げを決めました。

  • エンジニア / 人事
    2016年5月 株式会社Link Sportsに入社

    アプリのフロント側の開発をメインで行っています。

    会社での開発に加え、個人開発音声でお酒を記録できるアプリ「SAKE BOARD」の開発や技術書典執筆など、エンジニアを楽しんでおります!

    ▼上司からの人柄紹介
    会社とプロダクトへの愛情が人一倍強く、自分で考えた意見を率直言えることができる。
    プロダクトのUI/UXだけでなく、開発プロセスに対しても改善しようとする姿勢を常に持っている。
    仕事以外でもエンジニアのコミュニティや勉強会にも積極的に参加したり、自らコミュニティの運営を行うなど行動...

Was wir machen

  • スポーツ業界の“裏側”を支える人にフォーカスしたメディアを運営中
  • 自社アプリ「TeamHub」は野球チームを中心に多くのアマチュアチームに使われています。

▼株式会社Link Sportsについて
ビジョンは「スポーツをしている人をもっと幸せに」
スポーツをする上での必要不可欠なインフラになることを目指しています。

▼SERVICES
現在提供しているサービスは下記の通りです。

「TeamHub」“最強スポーツマネジメントツール”
(連絡・出欠管理・スコア入力・成績閲覧が一括で出来るチームスポーツに必須なアプリケーション)
URL:https://tmhub.jp/

「AZrena」“誰もが知らないスポーツの裏側を伝えるwebメディア”
「スポーツの市場をより大きくするために、多様な人材がスポーツの世界に足を踏み入れるきっかけを提供する」という思いから2016年5月に立ち上がりました。
URL:https://azrena.com/

「LIA」
2019年3月にスタートした、行動する女性を応援するワークアウトメディア
https://liawomen.com/

スポーツを通じて、もっとたくさんの人に笑顔になってもらうことを目指して様々なサービスを生み出しています。

▼NEWS
・2019年に大型提携を完了しました。
・2017年11月に1億の資金調達をしました。
 https://jp.techcrunch.com/2017/11/22/teahub-fundrasing/
・2016年8月に6000万の資金調達をしました。
 https://jp.techcrunch.com/2016/08/17/linksports/

▼CEO×CTOが「TeamHub」について語るインタビュー記事
スポーツマネジメントアプリ「TeamHub」は“アスリートのLinkedIn”になれるか?
https://www.wantedly.com/companies/qandasports/post_articles/115955
---------------------------------

Warum wir das tun

  • 有名アスリートを取材することも…
  • スポーツ業界のリアルを、世の中に発信しています。

弊社は「スポーツをもっと楽しもう」というミッションを掲げ、プロダクトを開発しています。

私たちはスポーツは性別問わず、幅広い年代層において体、そして心を豊かにする最高のツールだと考えています。

しかし、スポーツをする上ではたくさんの課題があります。

チームメンバー間でのコミュニケーションに複数のツールを使わなければならなかったり、同レベルの対戦相手が見つからなかったり、場所の確保が困難であったり、費用の管理が大変だったり。

これらはすべて開発メンバーがプレーヤーとして、コーチとして、チーム運営者として実際に体験してきたことです。

こうした課題に対し、スポーツ業界ではまだ整っていないITを用いることでスポーツをする人、支える人達がより笑顔になり、 「もっとスポーツをしたい」と思えるような世界を作っていきたい。

そしてスポーツの魅力を世の中に発信する人を増やしていきたいと考えています。

これからも我々はスポーツを愛する熱き心を胸に、関わるすべての人のスポーツライフを豊かにするべく、挑戦を続けて参ります。

Wie wir's tun

  • プランニングポーカー(アジャイル開発で使われる見積の技法)をしているエンジニア。最新の技術や技法に触れる機会も!
  • 年始恒例のママチャリGP。スポーツイベントは多数!

やりたいことを自分から発信していくメンバーと一緒に、アイデアをすぐに形にできる環境で仕事をしています。
少ない人数だからこそ、全員が会社の状況を理解し、すぐにサポートしあう空気感のなかで働いています。

また、現役アスリートを始めスポーツ関係者とのつながりが強く、IT分野だけでなくスポーツ分野での幅広い人脈構築が可能です。
勉強会や交流会、その他イベントへの参加費と交通費は、おおかた会社で負担しています。

オフの時間はみんなで代表戦を見たりとくつろいだりとメンバーは全員スポーツ好きで会社としてもスポーツ活動を奨励してます。
また、月1回スポーツイベントを実施しています。
(野球、サッカー、フットサル、ボルダリング、バスケット、ラクロス、バドミントン、ボードゲーム等)

古い枠組みにとらわれず、新たな価値を見出し、仕組みを作ることにやりがいを感じられる方をLink Sportsの第2創業メンバーとして迎え、スポーツを通して感じられる喜びを分かちあいながら、全ての人がスポーツをする上での必要不可欠なインフラを共に創っていけたらと考えています。

弊社に共感してくださる方、自らのスキルで、スポーツの世界をより便利に、楽しくしていくことに興味を持たれた方と、お会いできることを楽しみにしております。

エントリーをお待ちしています!

Beschreibung

Link Sportsでは創業5年目を迎え、サービスが拡大してきました。

この勢いを加速させるために、仲間を見つけてくれる採用担当を急募します!

【仕事内容】
・採用戦略
・採用資料作成
・エージェントと連携
・応募者との連絡・面談設定
・ブランディング戦略
・広報活動

採用に限らず、経営の視点から会社を見て・会社のブランディングも一緒に考えていきましょう!
経営に近いポジションで働くことができます!

どれか一つでも経験があることが望ましいですが、経験がなくてもチャレンジしたい方、歓迎しています!

Hervorgehobene Beiträge

Allgemeine Infos
Suche nach Management (Finanzen, Personalwesen etc.)
Jobart Berufsanfänger / Mit Berufserfahrung / Auftragsarbeit
Besonderheiten Interview per Skype möglich / Snacks/Lunch kostenlos
Infos zum Unternehmen
Gründer 小泉 真也/馬場 健/濱本 暁
Gegründet Januar, 2014
Mitarbeiterzahl 14 Mitarbeiter
Branchen Consulting / Survey / IT (Internet/Mobile) / Entertainment

Weitersagen (6)

Weitersagen (6)

Standort

東京都千代田区神田小川町3-4-2 三四ビル 5階