This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.
Sales

IPOを目指すスタートアップ企業と成長する 財務アドバイザリー法人営業募集

プロジェクト・オーシャン株式会社

Mitglieder von プロジェクト・オーシャン株式会社

Alle anzeigen (3)
  • 関西大学大学院商学研究科(会計学専攻)修士課程修了。

    大学院修了後、2001年に大和証券エスエムビーシー株式会社(現 大和証券株式会社)に入社。
    公開引受部にてIPO支援業務、証券取引所折衝業務に従事。インターネット関連企業を中心に複数社のIPOを実現。
    2006年3月プロジェクト・オーシャンLLPを設立。2009年6月株式会社化に伴い、代表取締役就任。
    プロジェクト・オーシャン株式会社では、テクノロジーセクターのスタートアップに対してIPOコンサルティングやM&Aアドバイザリー等の財務アドバイスを提供。

    その他、リックソフト株式会社(4429)社外取締役、株式会社ねこじゃらし社外取...

  • 短大卒業後、大手ゼネコンに入社し財務アシスタントとして勤務、結婚を機に退社。
    家事・育児に専念していたが12年のブランクから社会復帰をする。
    税理士事務所でのパート勤務を経て、精密機器メーカー、流通業で正社員として経理財務の仕事を続けるが、2015年、退社し現在はフリーランスとして複数のスタートアップ企業の経理財務業務を担う。

  • 東京大学 文学部 歴史文化学科 東洋史学専修課程 卒業
    2011年 TIS株式会社入社。インフラエンジニアとして大手企業向けの仮想基盤構築業務等に従事。
    2017年 同社コーポレート・ベンチャーキャピタルによるベンチャー投資業務に従事。同時にプロジェクト・オーシャン株式会社へ出向。
    2018年 プロジェクト・オーシャン株式会社へ参画。IPOコンサルティング業務、M&A等のエグゼキューション業務に従事。

Was wir machen

  • Eee3d290 a76c 484f 9bc4 82726e460708?1554982145

私たちプロジェクト・オーシャン株式会社は、“起業家の良きパートナー”としてベンチャー企業のIPOやM&A、コーポレートファイナンス(VCなどからの資金調達)といった財務戦略を支援しています。

【主な事業内容】
■IPOコンサルティング
資本政策の立案、社内管理体制の整備、申請書の作成、内部統制報告制度(J-SOX)の対応支援、主幹事証券及び証券取引所の審査対応、IRマテリアルの作成など
■オンラインIPOコンサルティング”Rusty”
上場準備前の企業向けのオンラインチャット、テンプレートの提供(https://rustypjo.com/
■M&Aアドバイザリー
買手もしくは売手候補企業のソーシング、ロングリストの作成および仲介、スキーム検討、企業価値算定、相手先との折衝、契約交渉、契約後のPMI
■コーポレートファイナンス
資金調達手法の提案、投資家(エンジェル・VC・CVC・事業会社)の紹介、事業計画書および資本政策等の立案作成支援
■人材紹介
CFO・常勤監査役・管理本部長・上場準備室長といった幹部クラスのエグゼクティブや、経理・総務・人事・法務・経営企画のマネージャーからスタッフまでバックオフィスを中心とした管理部門の採用支援

【他社との違いや特徴】
M&A だけ、IPOだけのコンサル会社がある中、当社はIPOコンサルティングとM&Aアドバイザリーの2つのサービスを有していることから、ベンチャー企業の出口(EXIT)戦略をさまざまな視点からアドバイスできるのが特徴です。

ベンチャーキャピタルなどとは異なり、企業のEXITに対して利害関係を有しないため、ベンチャーが常に有利になるような財務アドバイスの提供が可能です。 また、当社の財務アドバイザリーサービスは、主にインターネット・モバイル事業をはじめとするテクノロジーセクターに特化しており、テクノロジーへの深い理解と同セクター特有の事業戦略や内部統制に精通しています。

【今後の展望やビジョン】
会社の規模を ガンガン大きくしていくというよりも、10〜15人ほどの少数精鋭が集まり、それぞれがプロフェッショナルとして成長する組織を目指しています。

当社は、東南アジアにも事業パートナーがいるため、海外展開も強化しています。シンガポールを中心とする東南アジアは日本以上にスタートアップが立ち上がっており、スタートアップへの財務アドバイザリー事業を行う当社にとって極めて重要な市場です。すでに現地企業の資金調達支援や事業提携支援の実績を有ており、引き続き同市場でのサービス拡大を進めていきます。

Warum wir das tun

  • 0ae15aed c0bb 4be9 84ea 4a257b8da8bc?1554982145

大企業がIPOやM&A、資金調達を実施する際には、ほとんどのケースで大手投資銀行を財務アドバイザーとして選任し、ディールを進めていきます。大企業といえども財務的な専門家のアドバイスを得て、より有利な交渉条件を獲得するためや、問題なくディールを進めるためにアドバイザーを雇うのが一般的です。
しかし、スタートアップやベンチャー企業の場合、財務アドバイザーを選任することなく、財務や法律の知識がないままベンチャーキャピタルや大企業の財務部門等と交渉を行います。交渉相手となるベンチャーキャピタルや大企業は財務や法律の専門家を多数擁しており、スタートアップやベンチャー企業は不利な交渉にならざるを得ません。
このようなサポートを行うことで”起業家の良きパートナー(Partner with Entrepreneurs)”としてスタートアップやベンチャー企業の健全な成長に貢献することがプロジェクト・オーシャンのミッションです。

リーマンショック後に一気にIPOのニーズは下がりましたが、ここ数年でまた増加に転じています。しかし一般的に企業の中でIPOやM&Aの経験をしたメンバーがいることは稀で、いざ準備を始めてみると予想以上に時間を要することは少なくありません。また、株式市場が日々変化するようにIPOの審査トレンド等は日々変化しています。そのため、発行会社の一員としてIPOを経験しただけでは、これらのトレンドにキャッチアップできないのが現実です。
当社は10年以上に渡ってIPOコンサルティングサービスを提供し続けており、またアドバイスだけでなく日々IPO準備実務も支援していることからこのような変化にも常に対応が可能です。

また、私たちはITセクターに特化していることで、その事業に関する高い理解と知見があります。ITセクターに特化している理由は、創業代表が「新しいテクノロジーが好き」ということもあり、ほかの財務アドバイザーより理解が深いと自負しています。IPOコンサルティングやM&A仲介会社でこのセクターに精通している会社はあまりません。
こうした同セクターへの深い理解がテクノロジー系のスタートアップにとって心強いサポートになっていると確信しております。

Wie wir's tun

  • A217720e ec54 47c2 b88a 711f8e43ce82?1554982145

プロジェクト・オーシャンは、様々な分野で経験とノウハウを積んだプロフェッショナル集団です。また、2006年の創業以降、多くの起業家を支援してきた経験を活かし、現在もスタートアップやベンチャー企業の支援を行っています。
プロジェクト・オーシャンのクライアントの大半はテクノロジー系のスタートアップであるため、「コンサル」という堅い業務であってもカジュアルな服装で日常を過ごしています。また、クライアントは我々のメンバーと同世代もしくは下の世代であることが多く、フランクで仲良く連携してプロジェクトやディールを進めることが多いです。プロジェクト・オーシャンではIPOやM&Aの知識・経験を積むこともできますが、最大の財産はプロジェクトやディールを通じ得られるクライアントとの人間関係です。
また、最近の取り組みとしては、プロジェクト・オーシャンのメンバーはできる限りクライアントの複雑な相談に集中して取り組めるように、簡単なドキュメンテーションや簡単な質問への対応に対しては様々なツールを活用して自動化を進めています。複雑化するクライアントからの要望に的確に答えていくためには、この自動化プロジェクトは極めて重要なものとなっています。

【私たちの特徴やカルチャー】
■服装はコンサル会社らしからぬTシャツ、ジーパン
大きな組織ではないので、サラリーマン的な固い対応のコンサルではありません。当社自身がまるでテクノロジー系のスタートアップのようなカルチャーで仕事をしています。
■ベンチャーに合わせた即レス対応
ベンチャーはIPOやM&Aなどのイベント性が高いフェーズでは特に忙しいため、私たちもそれに即対応するべく常に臨戦態勢を取っております。SlackやFacebook Messenger等を通じてどこからでも瞬時にでレスを返すことをモットーとしています。

【仕事の進め方】
■1社につき2〜3人でチームを組む
サービスによりますが、基本は少人数でチームを組みます。働き方の特徴として、お客様には迷惑をかけない前提で出勤時間は決まっていません。Slackやapear.inなどのツールを使って各々がリモートで働いています。特に定例会などもなく、タイミングが合えば会って話をします。
■『オーシャンズ11』のような個の集まり
代表の早川が大和証券から独立する際の個人的なプロジェクト名が社名である『プロジェクト・オーシャン』でした。これは当時話題になった『オーシャンズ11』という映画を引用したプロジェクト名でした。この映画のように様々な分野のプロフェッショナルが集結し、ディールをこなしていくというのが当社の理想です。そのため、プロフェッショナルとしての個人を尊重し、決まった勤務時間は設けていません。

Beschreibung

法人営業を募集しています。

【主な業務内容】
新規営業をカバーしていただきます。また、スタートアップの若い起業家と感覚や年齢が近く、同じような感性であることが望ましいです。

飛び込み営業は原則行っておらず、ほぼリファラル営業。大手証券会社や監査法人からの紹介が多く、最大のルートは起業家から別の起業家を紹介してもらうケースです。そのため、スタートアップの起業家のサポートが好き!という方を希望しています。

13年間で私たちが培ったネットワークの方を紹介するのはもちろん、イベントなどに参加して起業家と仲良くなってもらい新たな関係性を築いてください。

【必須スキルや経験】
・法人営業の経験
・ITや新しいインターネットサービス等に明るい方

【歓迎スキルや経験】
・スタートアップでの営業の業務経験
・一般事業会社での法人営業の経験
・金融機関での業務経験
・会計の知識のある方
・会社法の知識のある方

【こんな方を求めています!】
・好奇心が旺盛な方
・明るい方
・どこかのCFOになりたい方
・投資銀行のTMT(テクノロジー・メディア・通信)セクターの法人営業の人材になりたい方
長く当社にいていただきたいのが本心ですが、もし次のキャリアを目指す場合はこれらの実績とノウハウを作れます。

【やりがいや醍醐味】
チームはチームとしてありますが、どちらかというと当社は個が集まって働いています。そのため、みんなでプロジェクトを進めたいというよりもどちらかというと個人として仕事をしたい方、個人として活躍して個人の力を試したい方には向いています。

考え方や働き方の異なる個人のプレーヤーとして働きたい、時間と場所に制約されずに力を発揮したい方はぜひ当社へ来てください。満員電車を避けて自分の好きな時間に働きましょう。

少しでも興味を持たれた方、一度お話してみませんか?
お待ちしております!

Allgemeine Infos
Suche nach Sales
Jobart Mit Berufserfahrung / Auftragsarbeit
Besonderheiten Interview per Skype möglich
Infos zum Unternehmen
Gründer 早川 智也
Gegründet März, 2006
Mitarbeiterzahl 6 Mitarbeiter
Branchen Consulting / Survey

Weitersagen (1)

Weitersagen (1)

Standort

東京都港区六本木1-4-5 アークヒルズサウスタワー16F WeWork六本木

Page top icon