This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.
マーケティングデザイナー

デザイン×マーケティング!でコドモンの魅力を届けるデザイナーをWANTED

株式会社コドモン

Mitglieder von 株式会社コドモン

Alle anzeigen (8)
  • 小池 義則 -CEO

    兵庫県宝塚市出身。2002年横浜国立大学経済学部を卒業し、株式会社ベンチャー・リンクに入社。ITを活用した新規の顧客開拓を目的としたWeb推進室室長を経て、2007年に退社。
    2009年に株式会社スパインラボを設立。
    自らエンジニアとしてUI設計、HTML、JavaScript、PHPコーディングに携わりながら全体統括を行う。

  • 大学時代にインターン生として、プロバスケットボールチームの創設に携わり、19歳でそのチームのアンテナショップ兼バスケットボール用品専門店の立ち上げおよび初代店長を経験したことで、起業や事業づくりを志す。
    大学卒業後、新卒で楽天(株)に入社し、BotC、BtoBのサービスを通して主に、組織構築や仕組み化、オペレーションの設計を行う。また、アウトソーシング先の企業へ出向し、組織の立て直しや教育を行い、事業成長に必要なリソースづくりを実現。その後は、新卒・中途新人の研修や教育も担当し、合計100名以上のビジネスパーソンを戦力化させる。
    これらの経験を通して「事業づくりは人がすべて」と学び、...

  • 「日本の育児にもっとシステムの恩恵を享受したい」という思いから、前職を離れ保育園・幼稚園・学童向けの業務支援パッケージソフトウェアの開発に従事しています。入社半年でマネージャーに昇格、1年7ヶ月後取締役の1人兼開発本部長として事業領域の開発・開発チームのマネージメントを行うとともに、経営を考える力を鍛え中です。
     一方で自身も機能を開発し続けると共に、より各開発者の生産性を向上させるために、開発者ではなく問題解決者としてのマインドの醸成や社内ツールの開発も行なっています。もちろんプロダクトの開発も継続して行っています。
     
     また、仕事とは別に「日本の育児の負担をもっと減らしたい」...

  • 「家庭か仕事か」ではなく、「家庭も仕事も」。そんな生き方をしたいなぁと考えています。仕事に家事に育児にと悪戦苦闘しながらも毎日ごきげんに駆け抜けています。

Was wir machen

  • 08df0a63 5b7d 4fbf ba4b f9071a8b4984 保育士はiPadで園児の情報を確認・記録
  • A641e41d 1800 4272 8898 38cafca14859 保護者は自宅や職場から園からの連絡をチェック

私たちは「コドモン」という保育園・幼稚園をはじめとする幼保施設向けの業務支援サービスを展開している会社です。

https://www.codmon.com/

コドモンは、「すべての先生に、子どもたちと向き合うための時間と心のゆとりを」というコンセプトの元、以下の3つの方針を軸にシステム開発・サービス提供をおこなっています。

① アナログで負荷の高い業務をテクノロジーの力で軽減させる
② 現場に寄り添い保育・教育の質を上げるサービス設計を行う
③ 幼保施設・保護者・家族の連携を深め、利便性を高める

幼保施設にはそれぞれの課題・要望がありますが、中でも保育園の課題解決は急務です。
保育園は、共働きの夫婦に代わって子どもを預かり、保育士が一緒に遊んだりあやしたりする場所といったイメージを持たれるかもしれませんが、実際はその裏で、子どもの発育・発達を毎日細かく記録・観察し、それぞれ異なる個性に対して適切なプログラムを実施するための、膨大な量の記録や計画を書面に書き記しています。

一方で「手書き」が基本の業界であるため、せっかく作成した記録は多くの場合書きっぱなしになってしまい、分析や統計などをとって傾向を体系化するような事はなされていません。

保育園が「コドモン」を導入する事によって、園内のおよそ全ての記録物がデータ管理され、体系化された記録内容は、必要に応じて再利用することが出来るようになります。

また、欠席連絡や連絡帳など、保護者との電話や紙面を介した煩わしいやり取りも専用アプリを活用することで、飛躍的に利便性が高まります。

2015年2月よりサービスをスタートして以来、すでに2,000園以上の保育園に導入頂き、業界でのスタンダードとなりつつあります。
2018年度末までに3000園(シェア10%)、2021年に10,000園(シェア35%)の展開を目指し、開発及びマーケティングを進めています。

また、さらなる飛躍を目指し、2018年9月にはビジョンを新たに定めました。

❶ 子育て支援施設の経営改善を実現する情報プラットフォームの確立
❷ 働くパパママへの子育て支援
❸ 子どもの発育情報のビッグデータを元にした社会的意義の高い革新的なサービスの展開

弊社が、ただの保育園向け業務支援システムの開発会社ではなく業界のスタンダードを創り変え、子どもを取り巻く環境をテクノロジーの力でより良いものにしていきます。

Warum wir das tun

  • E73ae1b7 eeec 4242 9ee8 1e948d77989d?1541811016 エントランス
  • C03d3e37 3e1b 46c2 a1a3 1c7c7afe818c?1541809997 カフェスペース

「時代を一歩前に進める」

昨今、待機児童問題が社会問題となり、その都度足りない足りないと言われている保育園ですが、国内には既に約30,000園(セブンイレブンとローソンを足した数より多い)存在しているという事はご存知でしょうか?

一方で、一般的には遅れていると言われる介護業界や医療分野と比べても、保育業界はICT化が極めて遅れており、30年前と比べ、保育士の業務内容はほとんど変わっていないのが現状です。

園内で管理すべきほとんどの記録や報告書、計画書といったドキュメントは手書きで書かれ、膨大な数の書類が大きなキャビネットにずっしりと格納されて、過去の書類参照も大変です。

保護者連絡も、いまだに電話でのやり取りやプリント配布が主体で、緊急連絡をしようとするのも一苦労です。

それによって、保育士の事務負担は大きく、残業が恒常化し、且つ過去の記録がなかなか園内の知見として蓄積されないといった問題を抱えていました。

一方、当時から保育業務支援システムはいくつか存在していたものの、レガシーな技術や思考のシステムが多く、ビジネス的にも社会的意義を考えても当社が参入すべき事業分野であると判断し2015年より展開を開始しました。

保育業界の中で、当たり前とされてきた事に疑問を持てるのは、業界の事を全く無知で参入した私達だからこそ出来るものだと思っています。業界の不条理に気づき、IT技術を活用して一つ一つ改善していくことで、やがて業界が本来あるべき姿にイノベートされ、将来を担う子どもにとって、保育園がよりよい環境となると信じています。

せっかく人生の大事な時間を割いて仕事をしているのだから、世の中の為になる何かを成し遂げたい。
そんな想いでメンバーは日々活動しています。

Wie wir's tun

  • D2f000af 1249 4114 b105 2be496f86fe5?1541809997 カフェスペース打ち合わせ風景
  • Afefb1a6 7e9c 431b 9941 ac1d3d5a2c5c?1541809997 MTGルーム打ち合わせ風景

もともとはプロダクトデザイン(UI/UX)までこなす代表や、様々な案件に柔軟に対応できるフルスタックエンジニアの少数精鋭でコドモンを作り上げてきました。

2018年に入り、事業の核ができたことで組織も急速に拡大しています。
社員・アルバイト・副業・業務委託・インターン・ボランティア・顧問といった様々な形での仲間が増え続け半年で6倍以上のチームになりました。営業、CS、開発、コーポレートにチーム分けをして、それぞれマネージャーも配置していますし、平均年齢は32歳ながらもとても落ち着いた組織で、40代前半から20代前半まで偏ることなくバランスが取れており、子育て中のメンバーも半数ほどいます。
ベテランは、豊富な経験を元に高いパフォーマンスと若手のフォローをしていますし、若手は学習意欲とチャレンジ精神を持って大きな裁量にひるむことなくチャレンジしています。

2018年7月に移転した新オフィスは、おしゃれなカフェスペースにティーサーバー・コーヒーマシーンのフリードリンクも付いています。
一部フリーアドレス制も導入していますし、今後はフレックスタイム制の導入も検討中です。(すでにトライアル開始段階)

もともと、働くパパママを応援する企業でもあるため、社内の時短勤務者に対するフォローや制度設計も柔軟に行なっていますので、今後はさらに柔軟な働き方ができるようになります。

Beschreibung

急速に利用者数が増加しているコドモン。一方でまだまだ届いていないと感じる日々。

自ら情報をキャッチしてくれるユーザーに対しては、コドモンを届けることができ始めていますが、まだまだ、まだまだまだまだ足りていません。加えて、日々進化するプロダクトに合わせた、サービスサイトの更新、パンフレットの更新、キャンペーンチラシの作成、パッケージデザインなどなどオンラインもオフラインもマーケティングに必要な制作物が多くあります。

コドモンを一人でも多くのユーザーに使っていただき、アナログな業務をICTサービスで業務効率化して、ゆとりを持ってもらいたいと我々は考えています。
今回は、それを一緒に実現してくれるオンラインもオフラインもできるマーケティングデザイナーの募集になります。
(WEBサイトも、DTPもできる方という意味です!)

業務内容は、以下を想定しています。
ーーーーーーーーーーーーーーーー
・DTP
・サービスサイト、コーポレートサイト等のデザイン
・ブランディングデザイン
・デザイン品質のクオリティコントロール
・デザインルールの制定、管理
・プロジェクト毎のデザイン決定フローのマネジメント
・プロジェクトに限らず主体的に社内調整を行いデザインをリード
・社内からのデザインに関する質問等への対応
・社内メンバーへ、意味合いや意義を伝えるフォローコミュニケーションの徹底
・コーディング

<<業務で使うツールや言語、環境>>
・DTP
  Illustrator, Photoshop, etc
・プロダクトデザイン
  Sketch, Abstract, Zeplin, InVision, Overflow
・開発
  PHP, python, vue.js, AngularJS, jQuery, cordova, node.js
・インフラ
  AWS, EC2, RDS, S3, Lambda, API Gateway, Firebase, Cloud Functions, Realtime Database
ーーーーーーーーーーーーーーーー

コドモンが持つ魅力、メッセージを最大限に届けるためには、デザインの力が欠かせません。
最近では、導入される施設に送られるスターターキットのパッケージが新しくなるなど、少しずつ進化をしています。
お客様からのリアクションが直に届くところで、とてもやりがいのあるお仕事です。

子どもの取り巻く環境を "デザインの力” でより良いものにしませんか?

【こんな方々と働きたい!】
コドモンの事業や課題に共感し、解決に向けて行動できる人はもちろん、ご参考までにデザイン・開発・インフラ部門で提唱している心得を掲載させていただきます。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
①問題解決者であれ
②なぜなぜ思考(仮説を立てて行動を)
③他責NG(いつでも主体者で)
④プライオリティ(やるべきことを見極めて優先順位を)
⑤コンティンジェンシープラン(しなやかに臨機応変な対応ができる準備)
⑥他者を巻き込む
⑦失敗は許容する、チャレンジによる失敗は尚更許容する
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

メンバーひとりひとりが問題解決意識を持って日々プロダクト開発・環境構築をしています。

もしご興味をお持ちいただけましたら、まずは気軽にオフィスに遊びにきませんか?
弊社開発メンバーと現場や業界についてぜひざっくばらんにお話ししましょう!

Hervorgehobene Beiträge

Allgemeine Infos
Suche nach マーケティングデザイナー
Jobart Berufsanfänger / Mit Berufserfahrung / Auftragsarbeit
Besonderheiten Wochenendprojekt
Infos zum Unternehmen
Gründer 小池 義則
Gegründet Juli, 2009
Mitarbeiterzahl 70 Mitarbeiter
Branchen IT (Internet/Mobile) / Media / Publishing / Education / Research

Weitersagen (1)

Weitersagen (1)

Standort

東京都港区三田3-1-4 Net1.三田ビル4F

Page top icon