This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.
事業開発(カスタマーサクセス)

事業開発/全国の塾にAI教材を提供。教育をど真ん中から変えませんか?

atama plus株式会社

Mitglieder von atama plus株式会社

Alle anzeigen (4)
  • atama plusのコーポレート、セールス&マーケティングを担当しています。
    日本の教育に対して、Technologyを使ってもっともっとできることがある。EdTech(Education×Technology)の分野は今から大きく成長する業界ですし、何より自分のやっていることが明確に子どもの幸せにつながっている実感を持てることが何より幸せです。
    atama plus創業前は、大学卒業後13年間リクルートで働いていました。社長秘書やリクルート中国社長等、様々なことを経験させてもらいました。

  • テクノロジーで基礎学力の習得にかかる時間を半減させ、そのぶん、社会でいきる力を養う時間を増やす。そんな明日をつくりたい。昔ながらの「勉強」を最短に、成長を最大に。
    そんな想いで、atama plusを2017年4月に仲間たちと共に起業しました。

    たとえば自動車や通信。明治以来の150年であらゆるものが大きく変わりました。しかし教育の場を見ると、黒板を背にした一人の先生の話を何十人もの生徒が黙々と聞く、150年前と同じ風景が今日も広がっています。

    AIによる教育のパーソナライゼーションは、今、世界の大きな潮流。様々な国々で革新的な取り組みが行われています。私の前職ではブラジル...

  • 小学生のころからプログラミングを始め、そのまま職業もプログラマになるという首尾一貫したキャリアを歩んできました。
    常に楽しく仕事をすることをモットーに生きています!

  • 新卒で東レ株式会社に入社、日本やメキシコにて自動車業界のお客様に対して素材の提案営業を担当後、ボストンコンサルティンググループに転職。複数業界のクライアント向けにコンサルティングを実施。
    その過程で現在の教育のありかたに問題意識を持ち、特に生徒の学習方法の改善に興味を持ち始めたが、自分が教えるとしても救える生徒が少ないために具体的な行動は起こしていなかった。

    そんな時、教育スタートアップのatama plusに出会い、学生に最短で「わかる」を提供する、という創業者の思いに共感し、転職を決意。テクノロジーを使うことで一気に数百万人の学習体験を変える可能性を見出した。

    2018...

Was wir machen

  • 0e12b1b4 f871 4ee3 950d 0e50ba1e210b?1558756502
  • Ee73fc04 8d0f 497f aa81 a33f2f107467?1558756502

「教育に、人に、社会に、 次の可能性を。」をミッションに掲げ、教育を通して社会をより良く変革することを目指しています。

「基礎学力」を最短で身につけ、そのぶん増える時間で「社会でいきる力」をのばしてもらうために、生徒一人ひとりに最適化した学習を提供するプロダクト「atama+」を開発しています。
atama+ではAIが一人ひとりを分析し、生徒の数だけ「自分専用レッスン」を提供。学習履歴・習熟度・集中度・忘却度など、あらゆるデータを解析し100%カスタマイズを可能にします。

現状、全国の塾・予備校向けにサービスを提供。「AI×人」両者の強みを融合させた新しい教育のあり方を目指しています。

2018年1月にDCMベンチャーズより5億円、2019年4月にはジャフコ、DCMベンチャーズより15億円の資金調達を行い、教育改革をさらに加速させていきます。

▼多数メディアにも取り上げていただいています
・日本経済新聞「アタマプラス、学習塾向け教材拡充 夏に中学英語開始」
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO44627830Q9A510C1FFR000/

・THE BRIDGE「150教室が導入待ち『AI教育』の衝撃--15億円調達のatama plus(アタマプラス)創業2年で急成長」
https://thebridge.jp/2019/05/atamaplus-raised-1500m-yen

・CNET Japan「AI教材「atama+」、大手塾の“学習コース基盤”に次々と採用」
https://japan.cnet.com/article/35136714/

・Forbes JAPAN「わかったふりが通用しない AI先生のスパルタ教育」
https://forbesjapan.com/articles/detail/22736

・テレビ東京 ワールドビジネスサテライト(2018/10/18放送)「勉強がAIで激変!?テクノロジーで挑む”教育革命”」
https://www.tv-tokyo.co.jp/plus/business/entry/2018/018168.html

など

Warum wir das tun

  • A8b8a709 4fd4 469d 954c 6f446dbb643a?1558774851
  • B9ed9cdc 421b 4ded 84c1 66ee0880bf63?1558756503

明治以来の150年で、人力車が電気自動車になり、ベル電話がスマートフォンになり、社会が大きく変わりました。しかし教育の場を見ると、黒板を背にした一人の先生の話を何十人もの生徒が黙々と聞く、150年前と同じ風景が今日も広がっています。

150年前の社会で活躍する人材を育てるために作られた「昔の教育」のままでよいのでしょうか?これからの子供たちが生きていく上で求められる力は、今までのオトナ世代とは変わってきています。
数学、英語、国語といった「基礎学力」だけでなく、コミュニケーション、プレゼンテーション、ディスカッションなどの「社会でいきる力」も必要です。どちらが大事かではなく、どちらも重要です。
しかし「昔の教育」ではその両方を高水準で学ぶ時間がありません。だから私たちは、テクノロジーで基礎学力の習得にかかる時間を半減させ、そのぶん、「社会でいきる力」を養う時間を増やす。そんな明日を創っています。

atama plusは、本気で社会をどまんなかから変えるために創った会社です。
まずは教育のPersonalizationにより「基礎学力」習得にかかる時間を短縮する。そして、その次は「社会でいきる力」を習得する仕組みを創っていく。今あるプロダクトだけにこだわるのではなく、今までにない教育を、社内外を巻き込んで協力して創っていく、これが目指す未来です。

Wie wir's tun

  • D17c03b4 9e03 42da bf63 ab4ebb77f903?1558756503
  • C138841a cf7b 4529 8440 747d87a9462b?1558756502

世の中を大きく変えるには、圧倒的に優れたプロダクトを作ることだと思っています。そして、プロダクトを作る上で何よりも大切にしていることは、ユーザーである生徒が「熱狂しているか?」ということ。
生徒が本当に困っていること、求めていることは何かを考え、議論し、アジャイルに開発することにこだわっています。
プロダクトはエンジニアを中心に開発していますが、ビジネスサイドのメンバーにもプロダクトファーストの考え方が浸透しています。アジャイル開発への理解も深く、全員で「良いプロダクトを作る」ことを最優先にしています。

働いている仲間は、マイクロソフト/ヤフー/ミクシィ/カヤック/リクルートなどで経験を積んだエンジニア、UI/UXデザイナーが集まった開発メンバー、BCG/マッキンゼー/リクルートなどからのビジネスサイドメンバー合わせて約40人のステージです。
https://www.atama.plus/members/

atama plusでは、一緒に働く仲間としてカルチャーフィットを最重視しています。
ユーザーに本気で向き合って、常識よりも本質を追求しながら、仲間と一緒にプロダクトを創っていく。
そんな想いに共感してくれる方と一緒に働きたいと思っています!

■Values
・Wow students. 生徒が熱狂する学びを。
勉強をワクワクするもの、 自分からやりたいものに変え、 生徒一人ひとりの可能性を広げる。
私たちのあらゆる行動は、 ただ、そのためにあります。

<大切にしている3つの行動>
・Think beyond. 常識は、さておき。
「なぜ?」を突きつめ、「どうやって?」を変え、
今までにない価値を次々と生みます。
常に、当たり前の先へいきます。

・Speak up. 話そう、とことん。
みんなでオープンな場を築きます。
ひとつの大きなチームとして意見をぶつけあい、
わかちあいます。

・Love fun. 楽しくなくっちゃ。
仲間の多様性を楽しみ、 認めあい、刺激しあいます。
いつも遊び心を忘れず、
笑顔とユーモアの力を信じます。

Beschreibung

atama plusの想いに賛同してくれる塾と一緒により良い教育をつくっていくために、塾に対して新規事業企画、講座設計・運営のアドバイスやその実行を一緒に行いながらサービスの課題発見・解決をしていきます。
今までは、先生が生徒に対してティーチング、コーチングの両方を担っていました。
atama+を導入することで、ティーチングを「AI」、コーチングを「先生」が行う事になり、塾の運営モデルが大きく変わります。
実際に教室に赴き、生徒が何に困っているのかをインタビューし、課題を発見します。
そこでの気づきをもとに、どうすれば生徒の皆さんにより良い学習体験になるかを考えてプロダクト開発が行われます。
「顧客と深く対峙」し「プロダクトを一緒に創る」仕事とイメージしていただくと良いと思います。

事業を通じて子ども達の未来を豊かにしたい、社会を良くしたい、自分のスキルを上げたい、優秀な仲間と働きたい。
そんな考えをお持ちの方と一緒に働きたいと思っています!

【atama plusが大事にしていること】
・ チームで共通の目標を達成すること
・ オープンなディスカッションを嫌がらないこと
・ ポジションや職種に囚われないこと

【歓迎する経験】※必須条件ではありません。
・ 商品企画
・ 事業開発
・ カスタマーサクセス
・ 提案・企画型営業

Werte

Mehr anzeigen
Agile Produktentwicklung

スクラムベースのアジャイル開発をしており、週に1度のPlanning meetingやRefinement meeting、毎朝のDa... Mehr anzeigen

Kunde steht an erster Stelle

プロダクトを使ってくれる子どもたちのことを一番に考え、より良いプロダクトを届けたいという思いが共通しています。エンジニア、デザイナー、... Mehr anzeigen

Sehr talentierte Teammitglieder

一緒に働く仲間はマイクロソフト/ヤフー/カヤック/ミクシィなどで経験を積んだエンジニア、UI/UXデザイナーが集まった開発メンバーと、... Mehr anzeigen

Hervorgehobene Beiträge

Allgemeine Infos
Suche nach 事業開発(カスタマーサクセス)
Jobart Mit Berufserfahrung
Besonderheiten Interview per Skype möglich / Komm mit Freunden vorbei
Infos zum Unternehmen
Gründer 稲田大輔
Gegründet April, 2017
Mitarbeiterzahl 40 Mitarbeiter
Branchen IT (Internet/Mobile) / Education / Research

Weitersagen (0)

Weitersagen (0)

Standort

東京都中央区日本橋堀留町1-8-12 さくら堀留ビル7F

Page top icon