This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.
キャンプ場コンサルタント

キャンプ場の未来をアップデート!現場メインのキャンプ場コンサルタント募集!

株式会社スペースキー

Mitglieder von 株式会社スペースキー

Alle anzeigen (4)
  • 執行役員・アウトドア事業本部長。キャンプ場向けサービスの事業戦略、行政・地方自治体に向けたアウトドアを活用した事業推進を管轄。アウトドアイノベーションサミット2017を起案・開催。学生時にカヌーを持って、河原でキャンプをしながら全国をめぐる。飲食店店舗開発の後、富士山を中心に国内最大のキャンプ場リゾートを展開するPICAへ。複数のキャンプ場・飲食店舗開発責任者として従事した後、北軽井沢スウィートグラス(キャンプ場)の新施設運営責任者として従事。その後国内キャンプ場をさらに盛り上げ、魅力を全国の方に届けるべくスペースキーへ入社。

  • 学生時代、イギリス留学中のホームステイや帰国後自宅が火事で全焼するなど、住む家がない生活を堪能。その後、情報通信コンサルティング、EC、アフィリエイト業界で新規事業の立ち上げなどに従事、前職の㈱デジタルガレージではGMとしてアライアンスメディア事業を担当。
    プライベートで子供と一緒にファミリーキャンプを楽しんでいたが、キャンプの楽しさ、アウトドア産業の可能性に惹かれスペースキーへ入社。現在、なっぷ責任者を担当し、新規事業等も管轄。

  • 1989年生。2012年から高級婦人服の企画、販売を行う会社の営業として勤務。
    担当店舗を全国に十数店舗持ち、商品供給、イベント企画、人事など店舗運営全般を行なう。
    音楽好きがきっかけで参加したキャンプ型野外フェスでアウトドアに目覚め、月に1〜2回はキャンプに出かけるアウトドア好きに。
    2017年1月より、アウトドアの楽しさをもっと多くの人へとの思いから、㈱スペースキー入社。現在【なっぷ】キャンプ場コンサルタントを担当。
    焚き火を囲み音楽を聴きながらお酒を飲むのが何よりの幸せです。

  • 1988年富山県に生まれました。地元大学に進学し、卒業後は舞台・コンサート会場の空間デザイン・施工会社に就職しました。その後、イベント制作プロダクションに転職し、ゲーム業界のリアルイベントのプランニング・空間デザイン・現場運営などトータル的に担当しました。

    アウトドアな空間や雰囲気、ファッションを好んでいます。リアルイベントに携わってきた経験を活かして、キャンプ場のレイアウト考案やイベント出展の担当などアウトドアをもっと盛り上げていけるように日々邁進しています。

Was wir machen

  • 国内最大級のアウトドアWEBサービス群を運営しています。
  • 産学官のアウトドア関係者が集う産業最大級のカンファレンス『Outdoor Innovation Summit 2018』を主催しています。

「すべての人がアウトドアレジャーを、より長く豊かに楽しめる社会を創る。」のビジョン実現に必要な3領域で事業運営を行っています。

① 【生活者】が長く豊かに楽しめるように
② 【事業者】が長く提供し続けられるように
③ 【自然環境】が長く豊かに存在するように

これらの実現へ、2013年よりITを軸としたアウトドア総合サービス企業を目指し、挑戦しています。

【生活者向けサービス】
▶ アウトドアキュレーションアプリ『Sotoshiru』
  http://sotoshiru.com
▶ キャンプWEBマガジン『CAMP HACK』
  http://camphack.nap-camp.com
▶ 釣りWEBマガジン『TSURI HACK』
  http://tsurihack.com
▶ 登山WEBマガジン『YAMA HACK』
  http://yamahack.com
▶ 自転車WEBマガジン『CYCLE HACK』
  https://cyclehack.jp
▶ キャンプ場検索・予約サイト『なっぷ』
  http://www.nap-camp.com
▶ グランピング施設検索・予約サイト『GLAMD』
  https://glmd.jp
▶ アウトドア用品買取・販売サイト『GEAR HACK』
  https://gearhack.net

【事業者向けサービス】
▶ キャンプ場業務管理ツール「なっぷシステム」
キャンプ場運営のIT化を促進しています。民間シェア50%を超え、計750施設で稼働しています。
▶ 手ぶらキャンプ用品開発・提供
手ぶらキャンプ促進へ、独自開発アイテム等をキャンプ場へ導入費無料で支援しています。
▶ キャンプ場開発・運営
民間/行政/自治体の各種課題を解決し、日本全国で豊かなキャンプフィールド提供の実現を目指しています。現在4キャンプ場を運営(合弁会社の株式会社Recampが担当)
▶ アウトドアユーザー向け広告企画・提案
メディアを活用し、アウトドアユーザーにブランドメッセージを届けるPR支援をしています。
▶ 官民連携による調査・資源活用支援
国立公園オフィシャルパートナー活動を筆頭に、官民連携による自然資源の利活用を実行支援しています。
▶ アウトドアカンファレンス運営
アウトドアに関連する行政/自治体/従事者の600名を超えるリーダーと未来のあるべき姿を共有するカンファレンスを毎年開催しています。

【環境への取組】
▶ フィールド保全のための助成
一般財団法人アウトドア・フィールド・ファンドを設立し、収益の一部をフィールド修繕に助成しています。https://outdoorfieldfund.org/
▶ アウトドア環境保護基金ピナクルメンバー活動
アウトドア業界の有志各社と多様な自然環境を継承するために、特別な貢献をするピナクルメンバーとして活動しています。https://outdoorconservation.jp/

【企業の特徴】
▶ IT事業×リアル事業と両軸を融合させた事業を行い、各分野の超プロがいます。
▶ 1,300万MAUの業界最大級Webメディア群を運営しています。
▶ 直近4年でメンバー5倍、サービス利用者11倍に成長、意欲的に新事業に挑戦しています。
▶ サービス数の割にメンバーが少なく、それぞれが当事者意識を持ち育てている、個々の裁量が大きい環境です。
▶ カンファレンス主催等、幅広い産学官ネットワークと連携しています。

Warum wir das tun

  • 私たちが大切にしているスローガンです。
  • メンバー一丸となり、歩みを進めています。

現代はインターネット・IoT・AI技術等目まぐるしい進化を遂げています。
そんな時代だからこそ、自然に身を委ね、共生することで人間の「想像力と創造力」を高め、育まれる人間の力こそ豊かな未来を描くと信じています。そして私達は、これこそが「アウトドアレジャーの価値」であると考え、以下の経営理念を掲げています。

▶ Corporate slogan
もっと自由なアウトドアを、全ての人へ。
" A freer outdoors, for everyone ! "

▶ Vision
すべての人がアウトドアレジャーを、より長く豊かに楽しめる社会を創る。
▶ Mission
アウトドアレジャーの未踏・未開・未解決に挑み、アウトドアの常識をアップデートする。

Wie wir's tun

  • 会議室名は「暖炉」と「ランタン」。新たな灯を灯す場所というアウトドア企業らしい内装コンセプトを採用しています。是非遊びにきて見てみてください!
  • それぞれの得意を持ったメンバーが力を合わせています。

▶ 会社データ
・全メンバー = 115名
・平均年齢 = 34歳
・男女比 = 7:3
・子どもが居る社員 = 36%
・平均残業=17.5時間(53分/日)

▶ 人の特徴
・アウトドアの可能性を自ら拡げたいと思う人が多い
・チャレンジ精神旺盛な人が多い
・経歴やバックグラウンドはバラバラ

▶ 仕事、職場の特徴
・年齢や性別/学歴に関係のない成果主義です
・服装自由、音楽を聴きながら作業しています
・ほぼ全員が19-20時に退社しています

▶ 働く環境、その他
・6種類から選べる高級オフィスチェア
・選べるPC/選べる希望スペック
・PC追加パネル/各種ツールも基本購入可
・フレックスタイム(開発職限定)
・書籍代/セミナー費を全額負担
・ドリンク/駄菓子食べ飲み放題
・インフル予防接種の全額負担
・健康診断オプション補助
・ケータリングランチ1食毎の補助
・アウトドアの知見を高める社内講習会
・部活動(部費支給)
・中古アウトドア用品の社割

社会・アウトドアフィールドへの新たな価値提供をスピーディーに推進しています。

Beschreibung

『キャンプ場の未来をつくろう。』

スペースキーは、アウトドアサービスを始めて6年目を迎えました。2013年4月に開始したキャンプ場検索・予約サイト「なっぷ」を皮切りに、キャンプ場、キャンプ産業、そして地域課題に真剣に向き合い、多くの良さと産業・地域課題に直面してきました。

日本のキャンプ場は、どうすればより良い環境に整備できるのか。そして私たちが実行すべき課題であるかどうかを自問自答し、結果として様々なプロジェクトを立ち上げるに至っています。

同じ時間を使うなら未来の豊かな社会、笑顔が生まれ、生きる力に溢れた世の中を、キャンプ場への挑戦を通じて実現しませんか?

日本のキャンプ場を盛り上げたい。そんな大きなテーマに向き合ったことのある方には全力を賭けるべき、価値あるプロジェクトがまさに始動しています。

社内発案の特命プロジェクトは使命を持つ同志が集まり、東京五輪の頃には心から笑いあえる価値ある仕事をつくりたい。そう考えています。

▼業務内容
・キャンプ場の運営コンサルティング及び現場の運営サポート業務
・キャンプイベントの現場運営
・主に現場(キャンプ場)における業務を想定

▼求める人物像
・アウトドアが好きな方
・コミュニケーションが得意な方
・人の支えになりたい、ホスピタリティ精神がある
・キャンプ好き歓迎!

Hervorgehobene Beiträge

Allgemeine Infos
Suche nach キャンプ場コンサルタント
Jobart Mit Berufserfahrung
Infos zum Unternehmen
Gründer 佐藤 祐輔
Gegründet Januar, 2007
Mitarbeiterzahl 115 Mitarbeiter
Branchen IT (Internet/Mobile) / Media / Publishing / Advertising

Weitersagen (8)

Weitersagen (8)

Standort

東京都渋谷区道玄坂2-10-7 新大宗ビル2号館4階