This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.
Mit Berufserfahrung
PR,マーケティング
am 2019-07-04 588 Aufrufe

10→100のグロースを加速させる、PR、マーケティング担当者募集中!

株式会社ペイミー

Mitglieder von 株式会社ペイミー Mehr anzeigen

  • 関西学院大学法学部卒。1989年生まれ。大手ポイントサービスのインフラ構築、API開発を経て、2014年12月、株式会社CAMPFIREに参画し、1年で5つの新サービスを立ち上げる。フロントエンドからインフラ構築まで手がける。

  • Payme CEO
    慶應SFC卒。1992年生まれ。24歳。学生時代は、開発経済学ゼミにて、インドネシアのバイクタクシーGo-jekをテーマに卒論を執筆。
    East Ventures、メルカリ、CAMPFIREを経て、DeNAに中途入社。DeNA戦略投資推進室での約1年間の勤務後、株式会社ペイミーを起業。給料の自由化を目指す。

  • 大学卒業後、Web広告代理店にて、営業職に従事。
    2017年9月より、ペイミーに参画。
    現在は管理部にて、業務全般を担当。1993年生まれ。

  • 慶應SFC卒業。ベンチャーキャピタル2社(East Ventures、F Ventures)でインターン。 2017年秋に(株)ペイミーに参画。Tech Crunch Tokyo2017ピッチファイナル登壇。2018年秋、関西支社を設立し、支社長に就任。

Was wir machen

  • 働いた分の給与が即日引き出せる
  • 手元にお金がないことによる機会損失のない世界をめざしています

従業員への感謝を、即日お支払い。
https://payme.tokyo/

「資金の偏りによる機会損失のない世界を創造する」べく、

給与即日払いサービス”Payme”を提供しています。
働いた分だけをいつでもどこでも申請することが可能。

勤怠データと連動し、引き出し可能額を自動計算、
シンプルなデザインで、即日Paymeから振り込まれます。
企業側は無料で導入・運用することができます。

2017年7月に会社設立されてから、2度の資金調達を実施。
サービスローンチから半年で導入企業100社突破、
現在では250社以上、10万人以上に使われるサービスまで急拡大しました。

2018年7月には週刊東洋経済において「すごいベンチャー100」に選出され、
同月「Nikkei FinTech Startups Awards 2018」にて優勝を果たしました。

Warum wir das tun

  • メンバーはほとんど20代で構成されています
  • 代表の後藤。自身の原体験から、このサービスを発案しました。

日本の給料を、もっと自由に。
わたしたちが提案したいのは、月給にとらわれない働き方です。

皆さんにとって一番身近であるお金、それは給料です。
しかし、この給料、”末締め翌月払い”の支払われ方は50年間変わっていません。

Paymeは、労働者にとって働きやすい環境の提供を目指します。

すべての働く人が、自分とお金の関係を、
仕事と人生の関係を、もっと自由にデザインできる未来。

給料を自由にすることで、
ほんとうの働き方の自由化がはじまります。

▽こんな経験、ありませんか?

・友人の結婚式に出席したいけど、すぐに現金を用意できない…
・新生活が始まるタイミング、引越し費用が足りない…
・できれば給与の即日払い制度のある会社に転職したい…

日本で単身世帯の2人に1人が貯金ゼロだと言われています。
また、銀行のカードローン残高は5年間で1.6倍、約6兆円まで膨れ上がりました。

お金に困る人は、フリマサイトで現金を購入、質屋アプリで即日現金化、ECサイトでツケ払い。 利用者は増える一方です。

そんな声に応えて、ペイミーは給与の即日払いのサービスを提供しています。

また、お金の入り口である給料を皮切りに、
FinTech×HR Tech領域への展開を図っていきます。

【労働力を強化・流動化する】
➤増え続ける、非正規雇用者・外国人労働者
この20年間で非正規雇用者は2倍以上(2000万人超)、
外国人労働者は5倍以上(100万人超)、なおも増え続けています。
給料の支払いタイムラグは1ヶ月以上もあるのが現状です。

➤社内の人材リソースを強くするPayme
給与即日払いサービスを導入することで、求人応募数は約3.7倍ほど向上すると言われます。
さらに、給与即日払いサービス導入により、従業員満足度・離職率の低下に繋がった事例もあります。

ペイミーは、人材リソースを強くする福利厚生のようなサービスでもあります。

➤メディア掲載実績
Forbes JAPAN
ネガティブな批評も厭わない。「給与即日払い」ペイミー後藤道輝がタイを締める理由 #30UNDER30
https://forbesjapan.com/articles/detail/29317

BUSINESS INSIDER JAPAN|ビジネス インサイダー ジャパン
お金と自分の関係をもっと自由に——25歳起業家が「Payme」で描く未来とは
https://www.businessinsider.jp/post-171570

マネー現代
おカネがないから諦める世界」を変えるペイミーの「給与即日払い」
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/58261

BAUS
どうなる、お金!? ミレニアル世代が挑む金融革命
https://baus.jp/magazine/story/2561

Wie wir's tun

  • 家賃補助や健康管理補助など、自由な発想で様々な福利厚生も整えています
  • オフィスは渋谷。代々木公園もすぐ目の前です。

➤チーム
メルカリ、DeNA、CAMPFIRE出身のメンバー。サービスの立上げ・グロースを経験し、消費者のお金の流れを誰よりも見てきました。

Beschreibung

Paymeのブランド価値を向上させ、更なる成長をドライブするための、
PR・マーケティング戦略と実行計画を立案し、施策実行をリードしていただきます。

➤ 仕事内容
- 給与即日払いサービス「Payme」の新規導入企業獲得のためのマーケティング施策
- エンドユーザーである、導入企業の従業員の方々への利用促進施策
- 自社メディアの運営
- SNS施策全般

➤必須条件
- PR・マーケティング領域での戦略立案、実行経験がある方

➤ あると望ましい経験
- 金融・人材業界の経験
- 成長期のスタートアップでのPR,マーケティング業務経験

➤ Paymeで得られる経験
- 急成長中のFinTech×HRTech領域におけるPR,マーケティング業務
- 様々な業種・規模のクライアントに向けての発信
- コーポレートブランディングの戦略・施策立案
- プロダクトの利用促進のための戦略・施策立案
- スピード感のあるスタートアップ立ち上げ期の実務経験

Hervorgehobene Beiträge

Andere Benutzer können nicht sehen, ob du interessiert bist oder nicht.
3 mal geteilt
Infos zum Unternehmen
株式会社ペイミー
  • Gegründet 2017/07
  • 20 Mitarbeiter
  • Featured auf Techcrunch /
    Durchschnittsalter von Mitgliedern unter 30 Jahren /
    Über 1.000.000 € Funding /
  • 東京都 渋谷区宇田川町2-1
  • 10→100のグロースを加速させる、PR、マーケティング担当者募集中!
    株式会社ペイミー