This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.
ロジスティクスインターン

40万点商品を即日出荷!MonotaROの物流を学ぶ4Daysインターン

株式会社MonotaRO

Mitglieder von 株式会社MonotaRO

Alle anzeigen (1)

Was wir machen

  • 0e1a8e5a 79db 493e 8a36 191d5518852a?1545280714
  • 1c27ceff 91aa 48a7 8643 75d781ba176a?1545280683

【資材調達ネットワークを変革する】
MonotaROは、日本最大級のBtoBオンラインストア(monotaro.com)を運営しています。
現在1800万点以上の商品を取り扱い、日本全国で300万件以上のお客様にご利用いただいています。

【ビジネスの成長スピード】
2000年設立以降順調に成長し、2009年に東証一部に上場、現在も9連続年率20%超え、3年で売上・経常利益ともに2倍になるスピードで成長を続け、2018年度は売上1000億円を達成しました。
 
【グローバル展開を加速中】
2011年からは親会社であるUSグレンジャー社とともにUSやドイツで事業を開始し、2013年に韓国、2016年にインドネシアに海外子会社を設立しました。
2018年には3カ所目となる海外子会社を中国に設立しビジネスをスタートさせ、グローバル展開も積極的に取り組んでいます。

【新しい切り口でのチャレンジ】
初の店舗を無人店舗でのオープンや、配送センターでの数百台のロボット活用など、新しい切り口にもチャレンジを続けているリテールテックカンパニーです。

【参考記事】
▼2018年度 ポーター賞を受賞しました!
http://www.porterprize.org/news/2018/11/01165552.html
※独自性のある戦略によって競争に成功した企業に贈られる賞
 
▼Forbesが発表した「世界で最も革新的な成長企業」ランキング2017で6位にランクインしました!
https://www.forbes.com/growth-companies/list/
 
▼BtoB向けeコマースで間接資材の流通を変える
https://regional.bizreach.jp/company/monotaro-overview/
 
▼現場の味方。工具のCMで有名な高収益企業、モノタロウを大解剖
http://www.toushin-1.jp/articles/-/2567
 
[MonotaROプレスリリース]
https://www.monotaro.com/main/press/

Warum wir das tun

  • 723c49b7 689d 435c 9fce 0f875e88c1e9?1559548111
  • A380f6aa 9715 451a 91f6 b675064a1e18?1559548111

MonotaROの社名には、1) M・R・Oの大文字が、Maintenance, Repair & Operationsの略で、間接商材を表しており、2) 欲しい商品がすべて手に入る“モノが足りる”という意味合いの語呂合わせ、3) 納期や商品価格が不透明な間接資材業界の昔からの慣習という鬼を退治する桃太郎にかけている、という3つの由来があります。
 
間接資材は工業製品の原材料である「直接資材」と比べて種類が多く、購買タイミングもバラバラです。2000年のMonotaRO創業当時は、間接資材業界の商流は、メーカー、問屋、工具商と多段階で複雑であったため、購入量が少なくボリュームディスカウントを享受できない中小企業の現場では割高に買わざるを得ない商材で、しかも金額は同じ商品でも商社や売る人によって異なる一物多価でした。
 
こうした複雑で非効率なモノの流れをインターネットを利用したデータベースマーケティングで変革することで、私たちは全国のあらゆるお客様に安く、無駄な手間をかけることなくモノが足るよう、新しく効率的な購買プラットフォームを構築し提供することで間接資材調達の仕組みそのものを改革しています。

Wie wir's tun

  • 003725fe bff5 4951 bd48 66f566863990?1559548419
  • 39a72fc7 22e1 45ba b2fd 4a1147a2d78b?1559548360

企業理念である「他者への敬意」を全社員が意識していることから、様々なバックグラウンドを持った社員がお互いへの敬意を持ち共に働き、一人ひとりが裁量を持って様々なことにチャレンジしています。

部署間の垣根も低く相談したい時はすぐに相談でき、意思決定も早いです。社員のほとんどが私服勤務をしており、フランクな雰囲気がありながらも、仕事に真剣なメンバーが多いことも特徴のひとつです。

このような環境で働くことに喜びを感じていただけるあなたに、ぜひ私たちの仲間に加わっていただきたいと思っています!
 
[MonotaROの企業理念]
https://www.monotaro.com/main/cmpy/philosophy/

Beschreibung

ご注文頂いた商品の多くを翌日にお届けし、お客様からも「配送がとても早い!」と驚きと好評の声を頂いているMonotaROの高いサービスレベルは、物流現場の緻密な管理や弛まぬ改善活動により成し遂げられています。そうした活動を支えているのは、最新の設備だけでなく、データに基づく分析、計画、日々の運営管理、そして数百人の方が作業に従事する現場のチームワークです。インターンシップでは、MonotaROの運営する大規模倉庫・尼崎ディストリビューションセンターにおいて、それら業務の一端を社員のサポートを受けながら体験頂きます。最終日にはインターンシップを通じて得た学びをレポートにまとめて発表頂き、当社社員から個別にフィードバックを受けて頂きます。センターでの工程管理の体験を通じ、MonotaROのオペレーションの強みを体験し学んでください!実施内容:センター運営(入荷管理・出荷管理・在庫管理のいずれか)における業務体験

▼具体的に体験していただく仕事(例)

・一つの工程の進捗管理
庫内オペレーションはピックや仕分けといった連続工程を分業して進める点で製造現場に似ていますが、製造業とは異なり受注や入荷が常時変動し、多様な商品の扱いにより各工程の能力もまた変動します。そうした変動の影響を受けながらも当日受注分を当日に出荷まで完了させるため、各工程や仕掛の状況を常時監視し、実績データをふまえた予測を更新しながら、人員配置や作業指示を采配する必要があります。オペレーションの司令塔としての進捗管理業務を経験頂きます。

・作業効率を高める在庫ロケーション再編
各商品を保管するために割り当てられた場所をロケーションと呼びますが、その配置によっては入庫やピックの動線が悪くなったり、または必要数を保管できずに溢れが発生し、不必要な倉庫内移動による生産性低下を招きます。ロケーション設計は庫内オペレーションを効率化するためのKFSですが、その最適化のためには商品サイズ、お客様の購買傾向、入荷リードタイム、空間占有率等の多様なデータを活用し分析する必要があります。そうした活動の一部を担当頂きます。

・レイアウト改良による作業効率改善
庫内オペレーションでは機械化を進めていますが、多くの製造業現場とは異なり圧倒的な多品種少量生産ですので、人の手による作業が効率的なことも多く、マニュアル作業を残しています。製造業を中心にノウハウが蓄積されたカイゼン手法も用いて、そうした工程の作業分解を行い、ボトルネック分析や動線分析、仮説検証を通して、作業効率改善につながる提案を作成頂きます。

▼開催日程:2019年9月17日(火)~20日(金)

▼開催場所:株式会社MonotaRO 尼崎DC(兵庫県尼崎市西向島町75-1)

▼募集人数:5名程度

▼応募資格:2021年3月に大学もしくは大学院を卒業予定の方(専攻不問)
     ※職歴のある方はお断りしておりますので、予めご了承ください

▼その他:
・実施時間は9:00~18:00(休憩1時間含む)です。
・遠方からご参加される方には、往復交通費・宿泊費用を負担いたします。(宿泊場所はこちらで手配します)
 また、別途食事補助を支給します。

▼こんな方に参加してほしい!:
・実際に商品を動かす「現場」が好きな方
・論理的アプローチと数値分析から、ムダを排除し改善サイクルを回すことが好きな方
・現状に満足せず、失敗してもそれをバネにしてトライを重ね、成功に結び付けたい方
・目標達成・困難克服のために、仲間と一緒に考えて行動する環境が好きな方
どれか一つでも当てはまる方は是非ご応募ください!

▼応募締切:2019年8月18日(日)

▼ご応募方法
少しでもご興味のある方は、気になる・話を聞きたいボタンをクリックしてください。
ご挨拶もかねて、インターンシップ担当よりメッセージを送らせていただきます。どうぞお気軽にお声掛けください。

Hervorgehobene Beiträge

Allgemeine Infos
Suche nach ロジスティクスインターン
Jobart Berufsanfänger / Praktikum/ werkstudent
Besonderheiten Studenten willkommen
Infos zum Unternehmen
Gründer 瀬戸 欣哉
Gegründet Oktober, 2000
Mitarbeiterzahl 300 Mitarbeiter
Branchen Circulation / Retail Sales / IT (Internet/Mobile)

Weitersagen (4)

Weitersagen (4)

Standort

兵庫県尼崎市竹谷町2-183 リベル3F

Page top icon