This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.
物流プロジェクトマネージャー

物流プロジェクトマネージャー 最先端AI技術を用いるグローバル企業!

株式会社MUJIN

Mitglieder von 株式会社MUJIN

Alle anzeigen (1)
  • 株式会社MUJINにて採用を担当。

    自動車部品メーカーにて生産管理部として勤務後、バイリンガル向けの求人サイト運営企業にてアカウントエグゼクティブとして勤務。

    「日本のモノづくりの力を国内外に広め、人々の生活に貢献したい」新卒からの思いを叶えるべく、労働力不足克服のため、世界で初めて産業用ロボットを知能化する汎用コントローラーを開発し、急速な拡大を続ける株式会社MUJINに入社。

    株式会社MUJIN紹介資料:https://drive.google.com/file/d/1WZi2dZKgRbYazu2cKSpqFzYFUjxTk2L/view

Was wir machen

  • MUJINコントローラとCTO Rosen
  • MUJIN技術搭載の積み下ろしロボット

MUJINは、産業用ロボット向けの共通プラットフォームである「知能ロボットコントローラ」を開発・販売している企業です。
従来のロボットは操作方法がメーカー毎に違う上、その設定の複雑性から、繰り返し作業の自動化には適しているものの、扱う対象物や周辺状況が変動するような場面では、導入が難しいとされていました。
MUJINはその課題をモーションプランニングという技術により解決し、これまで人力で行わざるを得なかった物流、製造現場における重労働や単純作業をロボットで自動化するソリューションを提供しています。

Warum wir das tun

  • 年々増え続ける労働需要と、加速度的に減り続ける労働人口
  • ロボットで過酷な作業を自動化することが、解決策となる。

今日本では、1日に2000人以上ずつ労働人口が減っていると言われています。一方で、EC(Eコマース)は急速に伸びており、物流業界では労働力不足が深刻化しています。

みなさんが普段オンラインでモノを注文すると、倉庫から注文に合わせてモノを取り出し、箱に詰めて出荷するという工程が生じます。一見簡単にロボットで実現できそうなこの作業。しかし実際のところ、技術的にはとても難しく、物流倉庫に訪れてみると、人の手によって行われている作業がほとんどです。

これを可能にしたのがMUJINであり、今後も労働力不足という社会問題に対して、「人がやるには過酷な仕事」や「単純な作業」のロボットによる自動化を進めていきます。

Wie wir's tun

  • 世界中から結集したトップタレントチーム
  • お昼はみんなでフレンチシェフの作るおいしいランチを

世界中から集まった個性豊かなメンバーと、事業に対する情熱がMUJINの成長を支えています!

MUJINは、UCバークレーを主席で卒業し、カーネギーメロン大学で博士号を取得したRosenと、イスカル社のトップ営業であったIsseiの2人で設立されました。
そんな“尖った”経歴の創業者2人のもとに、様々なキャリア、年代、国籍(現在、18カ国)のトップ人材が世界中から集まって、MUJINをさらに成長させています。
急成長中のベンチャー企業なので、裁量権をもって仕事を進めることができますが、同時に、解のわからない問題に直面し、大変なこともたくさんあります。それでもメンバーが情熱をもって仕事に没頭しているのは、『ソフトウェアの力で製造業・物流の世界を変える』という壮大なミッションに共感し、その実現に対して本気で取り組んでいるからです。

Beschreibung

「増える荷物、足りない人手。」人材不足が深刻化し、省人化、無人化が急務である物流業界。弊社はモーションプランニングという技術を用い、扱う対象物や周辺状況が変動するロボットの導入が極めて難しいとされていたピッキング工程の自動(無人)に成功しました。「ロボットを導入したい」「ロボットを導入したいがどうしたら良いか分からない」そんなお客様からの依頼を丸ごと受注し、全く0の何もない状態の物流センターの設計提案から立ち上げまでに携わって頂けるポジションです。
【具体的には】
・物流センターの入り口から出口まで、ロボットその他マテハン機器を使ったシステム設計
・物流センターの庫内作業を意識した運用設計 (機械に組み合わせ・プロセス)
・サプライヤー管理 (マテハンメーカー、コンベヤーメーカー等・納入仕様の決定、納期、品質管理)

【必須(MUST)】
・マテハン提案の経験
・プロジェクト単位での職務経験
・自動化物流センターのシステム設計あるいは運用経験
・日本語レベル:上級ビジネス(顧客対応)
・英語レベル:日常会話レベル

【歓迎(WANT)】
・倉庫管理システム要件定義経験
・マテハン提案書、設計仕様書、検査要領書、マニュアルなどの作成経験
・建築取合経験
・物流センター立上げ経験
・CAD使用経験(レイアウト設計)
・中国語スキル(今後中国語案件増加の見込み有)
・提案書、設計仕様書、検査要領書、マニュアルなどの作成経験

【こんな人が向いています】
・システムエンジニアとしてのご経験がある方(エンジニア業界)
・今までのご経験を活かして、ロボット業界に挑戦したい方
・マテハン業界での勤務経験がある方

Hervorgehobene Beiträge

Allgemeine Infos
Suche nach 物流プロジェクトマネージャー
Jobart Mit Berufserfahrung
Besonderheiten Use foreign languages
Infos zum Unternehmen
Gründer 滝野一征、Rosen Diankov(出杏光魯仙)
Gegründet Juli, 2011
Mitarbeiterzahl 95 Mitarbeiter
Branchen IT (Telecom/SI/Software) / Logistics / Transportation / Electronics / Electrical Equipment

Weitersagen (0)

Weitersagen (0)

Standort

東京都墨田区業平1-1-9