This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.
Sales

人と接するのが苦手な私が選んだ、 営業という仕事。

ディップ株式会社

Mitglieder von ディップ株式会社

Alle anzeigen (1)
  • ビールとやよい軒が好き。 学生時代はイベント企画・運営・広報に注力。 2018年4月からディップ株式会社に入社。
    現在新卒2年目!インターン採用と新卒採用を担当しています。

    <メディア露出実績>
    日経新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO41399650Y9A210C1SHA000/

    co-media
    https://www.co-media.jp/article/23612

Was wir machen

<人と接するのが苦手な私が選んだ、営業という仕事>

コミュニケーションは正直苦手な方でした。友人の集まりでも輪に溶け込まず端っこにいるような性格。そんな私が営業の仕事をしたいと思ったのは、自分の頑張り次第で評価があがり、成績を上げれば給料にも反映される職種だと思ったからです。成果の分だけ評価をしてもらえるかどうかを就職活動の軸としていた私にとってはぴったりの仕事だと当時思っていました。営業職であればどの会社に入るかにはそこまで拘りを持っていなかった私が、ディップの最終選考の前に人事の方からかけられた言葉は「競合の選考を受けておいで」というものでした。競合企業よりも絶対にディップを選びたいのかを問われたときに、自信を持って言葉にできなかったのです。言われたとおりに実際に他社の選考を数社受けてみて、気がついたことがありました。それは私自身の成長のために向き合い、言葉をかけてくれたのはディップだけだったということ。ここで多くの経験を積み、学び、成長を遂げていきたい。心はもう決まっていました。

Warum wir das tun

<「バイトルに」ではなく、「安井に」お願いしたいといわれるために>

入社して任されたエリアは、名古屋市内でも中心地からは遠い住宅街。担当するのは介護業界のお客様がほとんどでした。「介護の仕事は大変」というイメージがあるからか、求人広告を出しても応募ゼロが当たり前。致命的なほどにどんな媒体を使っても人が採れないというのが多くのお客様の現状で、採用に困っていないお客様はほぼおらず、求人を行わないという選択肢はありませんでした。そんな状況においては、「どの媒体に掲載するか」よりも「どんな原稿を掲載するか」がお客様の気にされるポイントだと考えた私は、「バイトル」という商品を売るのではなく、競合のどの営業よりも、お客様の魅力を求職者に届けることを自身のセールスポイントとし、提案を続けていきました。もちろん、介護業界のことを知らなければ話にならないので、関連書籍を読んだり、自身で調べるなど勉強も怠りませんでした。

そんな中、あるお客様から契約をいただきました。そのお客様も常に広告を出し続けていましたが、応募はほとんど集まらず、採用は壊滅的な状態。どうせだめだと半ば諦めていながらも、私の熱意に期待をしてもらい契約に至りました。なんとかして応募を集め、採用成功へと導きたい、その一心で原稿制作に拘りました。介護業界では仕事内容で差別化を図ることは難しいと感じていた私は、とにかくその施設で働く人や風土を原稿に反映させたいと思い、訪問の際に入り口に置いてある社員のプロフィールカードを全拠点分集めたり、ブログやHPを隈なくチェックし、施設長様がどんな想いで事業を始められたのかなどの情報収集をしたりと、お客様を知るための行動を徹底的に行いました。働く人の想いや、現場で活躍されている社員がいきいきと働いている様子を伝えられるように原稿に工夫を凝らし、満を持して掲載をスタートしました。

Wie wir's tun

<採用コンサルタントとしての責任は、顧客の期待を超えること>

結果はなんと、二名の採用に成功。介護業界では快挙といえる採用成果を上げることができたのです。
お客様からは、「こんなに自分たちのことを知ろうとしてくれて、原稿をつくってもらえたのは初めて」という声をいただき、採用の成果に繋がったことを大いに喜んでいただけました。それ以降、採用はすべて私に任せてもらえるようになり、私がつくった原稿で安定的に人材を確保することができるようになっていきました。新たな拠点の開設や新規事業の立ち上げなど、お客様の事業拡大の際にも、人材採用という面から支援していくことができ、「安井さんはうちの会社の人事部だね」という嬉しい言葉をいただけ、企業成長のパートナーとなれるこの仕事のやりがいを感じることができました。

私たちは採用のプロ。お金をいただく以上、お客様の期待を上回る結果を出さなければならない。私は、そういうスタンスで仕事をしています。採用成功を実現させ、企業の成長に貢献していくために、情報収集に力を入れ、求職者に企業の魅力を伝えていく。一社一社と向き合い、全力を注ぐのが採用コンサルタントのあるべき姿だと思っています。ただの媒体屋ではお客様に価値を提供できません。これからも私にしかできない価値を加え、採用を成功させ、企業を成長させていくパートナーであり続けたいと思います。

Beschreibung

こんにちは!こばやしです。
「ディップ」という社名は学生の皆さんにはあまり馴染みがないかもしれません。
では「バイトル」はどうでしょう?知ってる!という方、多いのではないでしょうか。

今回はそんなバイトルの営業担当、採用コンサルタントの募集です。

お客様の採用支援だけではなく、コミュニケーションが活発な良い職場づくりの提案など、採用後の定着支援まで関わっていけることが採用コンサルタントのやりがいの1つです。

※採用コンサルタントとして働く社員インタビュー記事一覧
https://www.wantedly.com/feed/s/dip-consultant

東京、大阪、名古屋、福岡、仙台、高崎、宇都宮、広島など全国各地で説明会を開催しております。

まずはお気軽にオフィスに遊びに来てくださいね!

※19新卒のインタビュー記事一覧
https://www.wantedly.com/feed/s/19naiteisha-blog

※数字で見るディップ
https://www.wantedly.com/companies/dip/post_articles/164755

Hervorgehobene Beiträge

Allgemeine Infos
Suche nach Sales
Jobart Berufsanfänger / Mit Berufserfahrung
Infos zum Unternehmen
Gründer 冨田英揮
Gegründet März, 1997
Mitarbeiterzahl 1967 Mitarbeiter
Branchen IT (Internet/Mobile) / Advertising / Human Resources / Nursing Care

Weitersagen (1)

Weitersagen (1)

Standort

東京都港区六本木3-2-1 住友不動産六本木グランドタワー 31階