This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.
農業系研究員/農地経営コンサル

本気で日本の農業をソリューションしたい熱き企画営業をリクルートメント!

スマートブルー株式会社

Mitglieder von スマートブルー株式会社

Alle anzeigen (1)
  • Riko Kawamura

Was wir machen

  • 県内の施工事例(ソーラーシェアリング)
  • 高単価作物の調査・育成

スマートブルーは、再生可能エネルギー導入のためのコンサルティングからアフターサポートまで一貫して提供しています。
中でも今注目を集めているのが、ソーラーシェアリング。 ソーラーシェアリングとは、耕作地に太陽光パネルを設置することで、農業を営みながら成長に不要な太陽光を発電に生かす仕組み。日本の農業が抱えている農家の後継ぎ不足、農業従事者の高齢化、耕作放棄地などの諸問題を解決できる可能性を秘めた新しい技術です。

質の高い農作物だけでなく電力まで提供できる。ソーラーシェアリングは、地産地消の新しい理想 の形です。

Warum wir das tun

日本のエネルギー自給率は、先進国の中でも特に低く、たったの4%。ほとんどが海外からのエネルギー資源の輸入に頼っている状態です。 一方で国内外の消費エネルギーは、依然として高水準を保ち続け、今後は石油や石炭、天然ガスといった化石燃料の枯渇が心配されています。 そこで私たちはこの問題に積極的に取り組み、エネルギー問題に対して日本がリードできる存在になれるよう、業界を牽引していくことを目指しています。

■3年後
ソーラーシェアリングにおいて日本一の会社になる。一般社団法人、市民ファンド等を利用した仕組みのSSを実現し、販路開拓を全国に行っている。営業部、技術部共に他社にはないそれぞれのテクノロジーと基準とプライドを持ち競争参加しなくてもよい会社をつくる。
■5年後
他や過去に類を見ない方法で営業力、技術力をアップし、会社の成長が安定軌道に乗っている。言い換えると社員の皆がアイデアを出し合い計画し成果を作っていく「自分が行なう文化」が定着している。結果利益体質の会社となり社会保障や福利厚生も今より充実し社員の給与が上昇している。幹部が育っている。
■10年後
会社運営を永く継続するための要素を社内に作り上げるべくどんな時も社会問題を解決し得る、社会から求められる商材を提案・販売し続けるノウハウを社の主柱とする。社長交代を計画的に実施できる人材育成システムを構築する。

Wie wir's tun

  • 業務の効率化を図るために、フリーアドレスデスクを導入

当社は、次世代エネルギーのリーディングカンパニーとして、パネルの設置工事という1つの作業にとどまらず、お客様の抱える課題に焦点を当てたご提案、コンサルティングを行っています。
ソーラーシェアリングや自家消費型発電についての説明会の開催や展示会への参加、メディア掲載なども精力的に行い、全国各地の方からお問い合わせをいただいています。

現在のコンサルティングメンバーは10名。普段は外回りの多いメンバーも、バーベキューや社員旅行などを通して交流を深めています。

月に 1 回は社内での研修も開催し、メールの書き方からチームビルディングまで、基本的なビジネススキルをしっかり身につけながらスキルアップできます。

Beschreibung

【経営理念】
私たちは持続可能なエネルギーシステムの供給を通して
安全で安心できる豊かな生活を提案し続けます。
また持続可能な循環型社会の大切さを伝え
信頼され続ける企業を目指します。

【ミッション】
・自然と共に永く楽しく暮らしていけるスマートライフを模索し提案し続ける。
・新しい価値観を人の暮らしと地球環境との間に見出し、大量生産、大量消費、大量廃棄の仕組みから脱却し一歩先へ進んだ社会を創造してゆく人材を育てる。
・この日本が手本となれるよう自らの二本足で立つためにエネルギー自給率と食糧自給率を上げ地産地消の理想形を完成させる一助を担う。

【ビジョン】
■3年後
ソーラーシェアリングにおいて日本一の会社になる。一般社団法人、市民ファンド等を利用した仕組みのSSを実現し、販路開拓を全国に行っている。営業部、技術部共に他社にはないそれぞれのテクノロジーと基準とプライドを持ち競争参加しなくてもよい会社をつくる。
■5年後
他や過去に類を見ない方法で営業力、技術力をアップし、会社の成長が安定軌道に乗っている。言い換えると社員の皆がアイデアを出し合い計画し成果を作っていく「自分が行なう文化」が定着している。結果利益体質の会社となり社会保障や福利厚生も今より充実し社員の給与が上昇している。幹部が育っている。
■10年後
会社運営を永く継続するための要素を社内に作り上げるべくどんな時も社会問題を解決し得る、社会から求められる商材を提案・販売し続けるノウハウを社の主柱とする。社長交代を計画的に実施できる人材育成システムを構築する。

【新しい農業のカタチを。オンリーワンの商品開発】
太陽光発電を主軸に建設業と不動産業を展開しておりますが、農業分野への参入に力を入れているため農業用施設の設計・施工・販売も行っています。
また、発電事業主として発電所の建設、グループ内の子会社では実際に農業を手掛け、これからの新しい農業モデルを発信しています。
太陽光発電のなかでもニッチな分野である「営農型発電」において、弊社ではオンリーワンの商品を展開。東京大学や静岡県立大学よりお声かけいただき、稲作と太陽光発電の共同研究にも携わっています。都内IT企業との提携や協業についても積極的に取り組み、とにかく今までにないものや仕組みを作り、世に送り出しています。

Hervorgehobene Beiträge

Allgemeine Infos
Suche nach 農業系研究員/農地経営コンサル
Jobart Berufsanfänger / Mit Berufserfahrung
Infos zum Unternehmen
Gründer 塩原 太一郎
Gegründet März, 2010
Mitarbeiterzahl 26 Mitarbeiter
Branchen Consulting / Survey / Utility / Energy / Construction / Real Estate / Home

Weitersagen (3)

Weitersagen (3)

Standort

静岡市葵区千代2-17-23