This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.
プロダクトマネージャー

アート×テクノロジーで新しい景色を作り上げる、PMを大募集!

The Chain Museum

Mitglieder von The Chain Museum

Alle anzeigen (4)
  • PARTY 執行役員 / Executive Producer
    The Chain Museum Producer
    CYPAR Executive Producer

    広告代理店を経て、従来の広告に限界を感じ、2012年PARTYに参加。
    2017年よりOperating Officer / Executive Producerに就任。

    事業戦略の視点から、
    サービス / プロダクト開発・PR戦略・広告制作のプロデュースを行う。

  • Webサイトやアプリ、サービス開発における情報アーキテクチャ設計やUXデザインを専門とする。主な仕事に「VALU」、「のちスタ」、「UNIQLO / IQ」、「TOYOTA / FV2」などがある。同時に、プロジェクトマネージャーとして、「あらゆるチームでどう最適な手法を生み出していくか」というクリエイティブプロセスづくりに関心がある。ハリネズミ好き。

  • プロデューサー / テクニカルディレクター。 テクノロジーを活用した「新しい体験」を作ることを得意とする。

    最近の代表作に、「でじべじ –Digital Vegetables– by PARTY」、「WIRED」リブート号、ハブラシIoT「SUNSTAR / G•U•M PLAY」、未来窓のコンセプトモデル「YKK AP / M.W.」。 グッドデザイン賞、SPIKES ASIA Innovation Spikes ShortlistやHealthcareその他多部門の受賞歴がある。 Media Ambition Tokyo 2019ではPARTYのアート作品「GANGU」を展示...

  • アートディレクター / デザイナー。多摩美術大学情報デザイン学科を卒業後、博報堂アイ・スタジオ、株式会社マウントを経て2017年に独立。同年、プロダクトデザイナーの早川和彦氏と共同経営で、デザインスタジオ H Inc. を設立。Webサイトやグラフィック、ブランディングなどのコミュニケーション立案、デザイン制作を行う。

Was wir machen

  • アーティスト支援アプリ「ArtSticker」iOS オープンベータ版を公開

主な事業は3つあります。

●MUSEUM
アーティストと共に「プロジェクト」を立ち上げ、
ビジネス・テクノロジーなどの非アート領域ともコラボレーションしながら、
小さくてユニークなミュージアムを、世界中に沢山生み出していきます。

●PLATFORM
鑑賞者ひとりひとりが、好みや価値観を表明・シェアしたり、
アーティストと直接つながり、支援できるプラットフォームを開発します。

●CONSULTING
The Chain Museumとして、場所や施設ごとに最適なアーティストのキュレーションやコンサルティングもしていきます。

___________________________________________________________________________________________

2019年2月21日、
The Chain Museumは「PLATFORM」事業として
アーティストを直接・気軽にサポートできるアプリ「ArtSticker」(アートスティッカー)の
iOS オープンベータ版を公開いたしました。

アートにまつわる収益は、現在、売買か入場料に限られています。
もしわたしたち一人一人がスキな作品に直接お金を投じることができたら、
アーティストは何ものにもとらわれず、作品をつくれるようになる。
直接支援をおくりながら、あなたのアート作品への興味・関心を気軽に残すことで、
アートの更なる自律と自由を後押しし、一人一人のアートへの参画を、
これまでになく身軽で、ひらかれたものに。
小さくて大きな革命を、ArtStickerで一緒にはじめましょう。

アプリダウンロード:https://artsticker.app/r/dl/
プレスリリース:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000038948.html
___________________________________________________________________________________________

Warum wir das tun

  • 須田 悦弘「風車の上の雑草」2018 場所: 唐津市湊風力発電所 協力: 自然電力
  • 人々は風車の上にあると言われる「雑草」に思いを馳せる。見えるはずのないそれを目を凝らして見ようとする。

アイデアの発端は、バーゼル・バーゼルやヴェネツィア・ビエンナーレで得た実感。
億単位の作品ばかりを目の当たりにし、高いな。なんでこうなっちゃうの?
むしろ、自分たちでつくりたいな。そう思うように。

また、近年のアートはインスタレーションが主となりつつあり、
アーティスト個人で完結せず、様々な主体が連携して作品をつくりあげる「プロジェクト」となっている。
ならばそこに、我々が得意とするビジネスやテクノロジーが入り込んで、イノベーションを起こす余地があるはず。

21世紀は「個人」の力が、もっと価値を持っていく時代。
これまでは王侯貴族や宗教、アカデミズムがアートの価値を定め、アーティストを育ててきたが、
ひとりひとりがアートとつながり、アーティストひとりひとりとつながることができれば、
売買・入場料以外の「第三のお金の流れ」が生まれ、アートをもっと開かれたもの、自律したものにしてゆける。

プラットフォーマーであり、プレイヤーでもある事業体。
それが、The Chain Museumが目指す姿です。

Wie wir's tun

  • ラファエル・ローゼンダール「RR Haiku 061」2014 場所・協力: 十和田現代美術館
  • Smiles:『檸檬ホテル(レモンホテル)』2016  場所:豊島 唐櫃岡地区 photo by Smiles: 協力:Smiles:

現在は、遠山正道×PARTYで、
・The Chain Museumオリジナル作品の制作プロジェクトを企画・進行
・The Chain Museumプラットフォームの企画・構築
を進めています。
そこにThe Chain Museum社員として参画いただき、
事業の立ち上げ・運営に、携わっていただければと考えています。

「世の中の体温をあげる」という想いをかかげ、
「Soup Stock Tokyo」「giraffe」「PASS THE BATON」等を手がけてきた
遠山正道が構想する「新たなアート体験」に、
PARTYが得意とする「デジタルでの体験設計」を融合させ、
アートのあり方・作り方への、新たな価値の提示を目指します。

=================================================
多数のメディア様にご取材いただいております。
♦︎美術手帖
「アートと個人の関係を、テクノロジーで変革する。 スマイルズの遠山正道とPARTYが新会社『The Chain Museum』を設立」
https://bijutsutecho.com/magazine/news/headline/18781

♦︎ARTLOGUE
「スマイルズ遠山正道。アートはビジネスではないが、ビジネスはアートに似ている。『誰もが生産の連続の中に生きている』の意味するもの。 | ARTS ECONOMICS 05」
https://www.artlogue.org/node/4491

♦︎Real Tokyo
「THE CHAIN MUSEUM / CO.山田うん『ドクダム』 @RESTAURANT 8ABLISH 2018.10.21」
https://www.realtokyo.co.jp/performance/dokudamu-the-chain-museum-co-yamada-un-restaurant-8ablish-2018-10-21/

♦︎Forbes JAPAN WEB
「巻き込む力=共創力ががこれからのビジネスの鍵」
https://forbesjapan.com/articles/detail/26266

♦︎WIRED
「新しいアートは、合理性と実用性の向こう側からやってくる:「アートとビジネスの関係」MATトークレポート」
https://wired.jp/2019/04/08/mat-talk03/

Beschreibung

◆仕事内容
・WEB / アプリ案件の開発・制作進行
・スケジュールの作成
・エンジニアや、ディレクターなどチーム内でのコミュニケーション

◆必須スキル/経験
・プロジェクトマネージャー、またはWebディレクターとしての5年以上の実務経験
・WEB / アプリ / インタラクティブ / 映像 / イベント / 印刷物いずれかのプロジェクトマネージメント・プロデュース・ディレクション経験
・PowerPoint、または、keynoteなどドキュメント作成アプリケーションの実務レベルでの利用

◆歓迎スキル/経験
・クライアント対応能力
・Github, Zenhub などを活用したスクラム開発のPM経験
・サービスの立ち上げから運用フェーズまでの経験がある
・Illustrator、Photoshop、Sketch、映像編集などのアプリケーションの利用スキル
・日常会話レベルの英語能力

◆求める人物像
・TCMのビジョン、カルチャーへ共感していただける方
・好奇心旺盛で、情熱的な方
・ユーザーファーストを徹底的に考え、実践することの出来る方
・サービスの成長にコミットできる方

Hervorgehobene Beiträge

Allgemeine Infos
Suche nach プロダクトマネージャー
Jobart Mit Berufserfahrung
Besonderheiten Interview per Skype möglich
Infos zum Unternehmen
Gründer 遠山正道
Gegründet Juli, 2018

Weitersagen (3)

Weitersagen (3)

Standort

東京都渋谷区猿楽町28-10 モードコスモスビル3F