This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.
マーケターとしての広報

ドローン前提社会をともに創るマーケター/広報人材をWANTED!

株式会社FLIGHTS

Mitglieder von 株式会社FLIGHTS

Alle anzeigen (4)
  • 20代の大半は商社で機械の輸出入に関わったのち、
    20代の終わりから、大好きなファッション・キッズ・ビューティー&ヘルス・食品業界に携わり
    2人の娘を育てながら仕事に没頭してきました。
    そして今再びドローンという 新たなマシナリーの世界に帰ってきて、
    若くて優秀で心が自由で気持ちの良い同僚たちと、
    とてもエキサイティングな毎日を過ごしています!

  • 1981年生まれ。

    2004年早稲田大学理工学部経営システム工学科卒業。

    2004年、株式会社損害保険ジャパン入社。新人配属で情報システム部に配属され、新規システム開発プロジェクトに携わる。その後は9年間、システムエンジニア、プロジェクトリーダー、プロジェクトマネージャーとしてキャリアを積む。国内損保システムの開発・保守ではなく、日本を豊かにすることに貢献したいという想いから、海外研修・海外事業部へ異動。

    ダイナミックにより良い世の中に変化させたいと思い立ち、アマゾンEC事業の新規取引先開拓、アマゾンプライムビデオのビジネスプロセス立上げ/ビジネス開発、Kindle Freetim...

  • 大学時代は体育会航空部にてグライダーパイロット。
    リクルート社MediaTechnologyLabにて、複数の事業開発に携わる。
    2016年3月(株)FLIGHTSを創業、代表取締役。

  • FLIGHTSの産業機分野担当。前職である土木建設業界にてドローンに出会い、三次元点群測量の黎明期からSfM解析に携わる。

    国内初となるi-Construction現場でパイロットを務めたことにより、多くのi-Constrution現場にて、プレーヤーとして基準点測量から三次元設計までを担当。また、その経験知識を多くの建設業界従事者へ伝えるためにカスタマイズ講習を実施。

    ドローンのグローバルリーダーカンパニーであるDJI社の写真測量講習プログラム作成にも携わる。

    現在は測量分野のみならず、全ての業界におけるドローン活用ソリューション提案を進めている。

Was wir machen

FLIGHTSは、「ドローン・ロボティクス前提社会の創出に最も貢献した会社となる」
をVISIONに掲げ、
ドローンやフィールドロボットを活用することで、農業・インフラ点検・建設という各産業において「デジタル化・自動化・無人化」を推進する事業を展開しています。

<展開事業>
■農業
農業の経済活動が持続できるよう、効率性・生産性の向上に資するサービスを提供しています。
・農家の高齢化・就労人口の減少を解決する農薬散布ドローン「FLIGHTS-AG」の開発・製造・販売
・生産性向上に資する「農地解析サービス」の提供
フィールドロボティクスの観点からも総合的なサービス提供を行なっていきます。

■点検
インフラ施設の老朽化や点検技術者の不足といった背景から、効率性向上に資するサービスを提供しています。
・マンション・ビルなど外壁の「赤外線データ取得」の内製化および、運用代行
・マンション・ビルなど外壁の「外壁診断データの解析サービス」の開発
・橋梁の「近接データ取得」の運用代行
・橋梁の「近接データ取得の内製化プログラム」の開発

■測量
建設業界における経済活動が持続できるよう、効率性向上に資するサービスを提供しています。
・現場管理サービス「FLIGHTS CHECK」の開発・提供
・Lidarシステム「Airsight」の提供および、教育プログラムの開発

■流通事業
FLIGHTSの土台となっている事業。全国270社のドローン代理店と提携してドローン関連ソリューションの提供を行なっています。
2019年10月には大阪の中心地に「販売施設とスクール施設」を併設したリアル店舗もOPENします。地方のリアルなドローン相談窓口として、
ドローン利活用の「情報の非対称性を埋める」ことを目指します。

■その他
・東京海上日動と提携した『東京海上ドローン保険EC Powered by FLIGHTS』
・ビックカメラ全店舗で提供する、ドローン保守プログラム『DroneAgentケア』
・日本全国のドローンオペレータネットワークを持つ『運用事業』
・各産業分野のリーディング企業と提携した『ドローン講習事業』
といった関連事業を連続的に立ち上げています。

Warum wir das tun

---以下、代表の峠下記載。


「世の中に大きなインパクトを残す」
僕は、世の中の不にチャレンジする能力と気概がある人は、大きなインパクトを残す事業にチャレンジすべきと考えています。

「ドローン・ロボティクス前提社会」を創出することは、各産業の基盤となる活動を再構築する「インフラ事業」を創出することでもあります。
日本のドローン産業は、2019年度の1,450億円から、2024年度には5,073億円規模に成長し、特にFLIGHTSに強みがあるサービス分野が市場拡大の原動力になると予測されています。

そうした大きなインパクトを残す事業であり、ビジョンでもある「ドローン・ロボティクス前提社会の創出」を、より早く・より良い形で実現できるのは、
我々FLIGHTSであるというエゴを持って事業に向かっています。

「ドローン・ロボティクス前提社会の創出」という大きなビジョンを一緒に追いかけませんか。

Wie wir's tun

<Mission>
世の中に大きなインパクトを残す

<Vision>
ドローン前提社会の創出に最も貢献した会社となる

私たちは、この5つの価値基準を行動の指針としています。

<FLIGHTS VALUES>
◆ 時間は武器に
すぐやる、前倒してやる。リスクを背負い、先陣を切って成長分野に参入し続けるために、時間資源を武器にして勝利を積んでいこう。

◆ 思考/行動の徹底
執念と責任を持って勝負をし続ける、勝つまでやる。精神論だけでなく、脳に汗をかく『知的ハードワーク』を是として、戦略・作戦・戦術を考えきる集団であろう。

◆ 大胆なチャレンジ
大胆じゃないと楽しくない。そして大胆でいるためには、遊び心がいる。失敗も世の中からの批判も構わず、新しいことをし続けよう。

◆ 独立した思考
常識と真実は違いすぎる。いずれ誰かが気付く差分に最も早く気づくために、謙虚に、学びを怠らず、違和感に誠実に向き合っていこう。

◆ 背を預け合う
一人では歴史になる事業は作れない。同僚と刺激し合い、信頼して任せ合い、敬意を払う関係となれば、同僚は戦友に変わる。戦友と歴史を創ろう。

ーーーー
現在の社員数は約40名。コンサルティング、IT、金融、広告・農業・建設など幅広い業界から、大活躍していた人材が集まってきています。

3年後に、「ドローン・ロボティクス前提社会の創出に最も貢献した会社」となる未来を目指して、事業も組織もハイペースで拡大していきます。

Beschreibung

◆必須なスキルや経験
3年以上の広報もしくはマーケティング業務経験

◆歓迎するスキルや経験
コーポレート・ブランディングに携わった経験
上場会社での管理本部長・IR部長・広報部長・総務部長のいずれかの経験
利害関係者に対する円滑な関係構築を主導した経験
記者会見の経験
危機対応の経験

◆求める人物像
社内外の関係者を巻き込み、オーナーシップを持って仕事を進められる方
アウトプットの細部までこだわることができる方
ドローン・ロボティクス・AI・各産業の構造について、必要な範囲の学習をやり切れる方。

Hervorgehobene Beiträge

Allgemeine Infos
Suche nach マーケターとしての広報
Jobart Mit Berufserfahrung
Infos zum Unternehmen
Gründer 峠下周平
Gegründet März, 2016
Mitarbeiterzahl 40 Mitarbeiter
Branchen Trading / Wholesalers / Utility / Energy / Construction / Real Estate / Home

Weitersagen (1)

Weitersagen (1)

Standort

東京都品川区北品川1-9-2 TOKYO YBビル2F