This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.
Mit Berufserfahrung
バックエンドエンジニア
am 2019-09-11 523 Aufrufe

技術とチームの力でプロダクトをグロースさせたいエンジニアWanted!

Wantedly, Inc.

Mitglieder von Wantedly, Inc. Mehr anzeigen

  • Wantedly のソフトウェアエンジニア。技術の専門領域はウェブのサーバーサイド・フロントエンド、iOS。プロダクトの改善に強い関心があり、ユーザの行動分析や施策立案から実装まで必要なことを実施します。

  • ウォンテッドリーのエンジニア。
    2017年3月に東京工業大学大学院を卒業。株式会社NTTデータに新卒入社。
    テレコム部門にて、顧客料金管理システムの更改プロジェクトに入社から現在まで所属。2018年4月までJavaのバージョンアップに伴う互換性確認の試験を担当。中国オフショア開発を経験。2018年4月から現在まで、社外結合試験を担当。50近くの社外システム担当者との調整を行った。
    2019年7月よりウォンテッドリー株式会社に入社。

    プログラミングや機械学習などの技術に興味があり、Ruby on Rails、深層学習や自然言語処理などを独習中。Atcoderなどのオンラインプログラミング...

  • Wantedly Visitでグロースを担当しています。

    大学在学中にFiNCにインターンとしてジョインし、Ruby on Railsを書いてアプリのサーバーサイドの開発をしていました。
    その後、2019年にWantedly, Inc. に新卒入社し、グロースチームのメンバーとして、データ分析から、施策提案、実装、改善までを行なっています。

    多くの人に使ってもらえるプロダクトを作ることに興味があります。

  • エンジニア。スタートアップの初期開発、100万ユーザーを抱えるアプリの内製化、グロース期における施策実施など、iOSアプリ開発を中心に様々な開発フェーズを経験。フリーランス期に携わったWantedlyでグロースチームをリードする立場として2度目の挑戦!

Was wir machen

  • 人と企業のマッチングを最大化するWantedly Visit
  • つながりを資産に変える、Wantedly People

WantedlyはビジネスSNSとして、「であい/Discover」「つながり/Connect」「つながりを深める/Engage」の3つの体験を提供しています。

■プロダクトについて

Wantedlyは現在2つのプロダクトに力を入れています。

1つ目のWantedly Visitは、人と企業の出会いを生み出す「会社訪問アプリ」です。
共感や働く仲間を軸に、ココロオドル仕事との出会いを創出します。

現在約30,000社以上の企業様に使っていただいており、IT業界のみならず、メーカーや不動産といった業種の企業様にも導入頂いています。

2つ目のWantedly Peopleは、名刺管理をきっかけとし、人と人のつながりを将来持続的に使える資産へと変える「つながり管理アプリ」です。

2016年に立ち上がった新規事業ですが、読み込んだ名刺の枚数は1億枚を超え、今後さらにつながりを深める体験を提供していきます。

■今後の展開
目標は2020年までに全世界1000万人のユーザーにWantedlyを使っていただくこと。
そのため海外展開にも積極的に取り組んでおり、シンガポール、香港に拠点を構えています。

Warum wir das tun

  • 洒落た会議室でココロオドルミーティングを
  • 見通しの良い執務室

僕たちのミッションは「シゴトでココロオドルひとをふやす」こと。

そもそも、シゴトでココロオドルとはどのような状態なのか。

それは、没頭することにより成果を出し、成果によって成長を継続的に感じている状態だと僕たちは考えています。

そうしたシゴトを生み出す企業や人との出会いを生み出し、1人でも多くの人がワクワクしたり、熱中してシゴトと向き合えるような世界を作っていき、Wantedlyが「すべての働く人にとってのインフラ」となるような世界を目指しています。

Wie wir's tun

  • 「どうやっているのか」を本にまとめました
  • The Wantedly Values

■行動指針

「最短距離の最大社会的インパクト」

これは、できるだけ短い時間・少ない工数で、できるだけ社会的に意味のある大きな影響を与えていくことを意味しています。

■目指すプロダクト

解決したい課題に対してユーザーが最短距離でアプローチできる一方、裏では技術的に難しい挑戦をしたり、UIを徹底的に考え抜くことで、シンプルで直感的に使えるプロダクトを目指しています。

■目指すビジネスモデル

「少数の人だけに向けた高単価なビジネス」ではなく、「リーズナブルで効果があるプロダクトをより多くの人に使ってもらう」ビジネスモデルです。

■目指すチーム

「プロダクト」中心の会社であるために、プロダクトを改善していける「作る人」に、意思決定権や裁量があるチームです。

Beschreibung

Wantedlyでは、ただ企画が下りてきて仕様通りに開発を進めるというタスクはありません。プロダクト開発の体制としては、デザイナーとエンジニアがそれぞれ対等な立場で企画から考え、実装、リリース後の数値まで追いかけています。

■Wantedly Visitのチーム体制(Squadという呼び名です)
・新しい機能を作っていくProduct Squad
・プロダクトの価値を伸ばし、非線形的な成長を実現するGrowth Squad
・ユーザーと企業の出会いを最大化させるRecommendation Squad
・ビジネスチームや顧客が抱えている課題を解決するBiz Engineering Squad

今回はプロダクトの成長を実現するGrowth Squadで、最速で仮説検証を行えるバックエンドエンジニアを求めています。

■具体的な業務内容
Growth Squadのエンジニアは、プロダクトの課題や仮説を見つけ、仮説を検証するアプローチを自ら考え、最速で実装します。
プロダクトの課題や仮説は実際に自分がユーザーとして使用し感じることだったり、ユーザーの行動から分析し発見します。チームでディスカッションを行い、様々な施策のアイデアを出し最も効果のある施策に取り組んでいきます。

■チームの魅力
プロダクト開発の他にグロース専任のチームがある企業はまだ多くはありません。
Wantedlyではグロース専任のチーム体制があるため、 自分で何かを作りたいと思ったときに、新しくつくるだけではなく「さらにそれをどのように伸ばしていくのか」と考えられるようになります。

■こんな人とぜひ会いたい
・個人よりもチームでより大きな成果にチャレンジできる仕事をしたいと考えている
・今まではバックエンドエンジニアとして開発に携わっていたけれども、今後は課題発見や施策にも自ら取り組んでいきたいと思っている
・スピード感ある環境が好き(毎週リリースしています)
・バックエンド領域だけでなくフロントエンド周りも触ってみたい(または触ってる)

少しでも興味あがあれば、カジュアルにお話しませんか?

■技術領域
* Ruby / Rails, Go / Protocol Buffer, Pythonなど、問題領域に適した言語とフレームワークを採用
* Kubernetes / Docker を基盤とするマイクロサービス・アーキテクチャ
* tensorflow(tensorboard), gensim, scikit-learn, xgboostなどの機械学習ライブラリ
* Postgres, BigQuery, Elasticsearch, dgraphなどのミドルウェア

Hervorgehobene Beiträge

Andere Benutzer können nicht sehen, ob du interessiert bist oder nicht.
5 mal geteilt
Infos zum Unternehmen
Wantedly, Inc.
  • Gegründet 2010/09
  • 100 Mitarbeiter
  • CEO kann programmieren /
    Featured auf Techcrunch /
    Über 1.000.000 € Funding /
  • 東京都港区白金台5-12-7 MG白金台ビル4階
  • 技術とチームの力でプロダクトをグロースさせたいエンジニアWanted!
    Wantedly, Inc.