This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.
広報(コーポレート・サービスP

戦略広報として、社会への新しい価値提供を一緒にしませんか?

株式会社ビズリーチ

Mitglieder von 株式会社ビズリーチ

Alle anzeigen (3)
  • 早稲田大学 社会科学部を卒業後、日本アイ・ビー・エムにセールスとして入社。金融、エレクトロニクス業界を担当し、IBMの各種ソリューションを提供。2015年6月にビズリーチ入社。「ビズリーチ」の法人向けコンサルタント、チームのマネジメントを経て、2016年8月から広報。複数事業のPRに従事した後、2016年12月からはコーポレートPR、採用PRを担当。現在は人事本部も兼務し、リクルートメントマーケティング室(マーケティングの手法を用いて自社の採用活動を最適化するチーム)の立ち上げを二人で行っている。

  • Hiroshi Ayako
    Marketing

  • Reiko Tazawa
    広報

Was wir machen

株式会社ビズリーチは、データ・テクノロジー・デザインの力を活用し、社会にとって本質的な課題解決と価値創造を追求するITベンチャーです。

第2回HRテクノロジー大賞「採用サービス部門優秀賞」、第3回日本ベンチャー大賞「審査委員会特別賞」など数々の賞を受賞し、日本経済新聞・NEXTユニコーン 推計企業価値ランキングTOP10にも選出。

政府は、日本の企業の大きな課題は「採用」「IT化」「事業承継」の3つだと明言されていますが、ビズリーチもこの3領域を中心に事業を展開。国の課題のど真ん中にテクノロジーで挑んでいます。今後は、主力のHRテック事業を軸にビッグデータやAIを活用して、教育や医療など、さらなる事業の多角化を目指していきます。

現在、より大きな社会構造の変革を目指して、ミドルベンチャーからメガベンチャーへと移行するフェーズを迎えており、これからの10年を「第2創業期」と捉えています。

Warum wir das tun

私たちビズリーチは、創業以来「インターネットの力で、世の中の選択肢と可能性を広げていく」というミッションを掲げています。

2009年の創業時にローンチしたのは、即戦力人材と企業をつなぐ転職プラットフォーム「ビズリーチ」サービス。ブラックボックスとなっている日本の採用市場を可視化し、新しい採用の仕組み「ダイレクトリクルーティング」を提唱することで、「働く個人の新しい働き方・キャリアのあり方」と「企業の新しい採用のあり方」を創造してきました。

以来、「採用支援」「働く人の活躍と企業の生産性向上支援」「地方創生支援」「事業承継支援」の領域においてサービスを展開し、現代社会の当たり前とされる仕組みに対して、新しい視点から解決策を提示することで、人と企業の「選択肢と可能性」を広げています。

とはいえ、まだまだ私たちの挑戦は始まったばかりです。これからも社会を再定義し、「新しいアタリマエ」を創り続けていきます。

Wie wir's tun

■成長の原動力となっているのは、人であり、想い
私たちが最も大切にしているのが、ミッション・バリュー・クレドです。

-----------------------------------------------------------------------------------------

<Mission>
インターネットの力で、世の中の選択肢と可能性を広げていく

<Value>
Work Hard, Play SUPER Hard
価値あることを、正しくやろう
全員が創業メンバー

<Credo>
できる理由から始めよう
逆算→突破→展開→仕組み化
マッハGO!GO!
お客様の感動にコミットしよう
巻き込み、巻き込まれよう
最高の仲間と歴史を創ろう

-----------------------------------------------------------------------------------------

このミッション・バリュー・クレドに共感して入社する社員が多いため、組織としての一体感があるのが特徴です。多様なバックグラウンドの社員が在籍していますが、同じ想いを共有できていることが、事業・組織の急成長の原動力となっています。

●社会課題を解決する本質的な価値を、社員一丸となって追求
本質的な課題解決のためにも、プロダクトはすべてインハウスで創っています。
社内には、エンジニア、デザイナー、企画、マーケター、セールス・コンサルタント、カスタマーサクセス、カスタマーサポート、各組織を支える管理部門職。様々な領域で多様な経験に富んだスペシャリスト人材が集まっており、社員一丸となって本質的な課題解決を追求しています。

●既成の枠にとわられずに変化し続け、新規事業を創り続ける
現在、41億円を資金調達済み。代表の南を含む取締役3名が既存事業の経営から離れ、新規事業の経営にフルコミットするなど、経営のパワーバランス・資金投資含め、全社的に新規事業・プロダクト開発を推進しています。
時代の変化にあわせて、社会に存在する大きな問題も変化していくため、私たち自身が率先して変化しながら、こうした問題を解決し続ける会社でありたいと考えています。

●一人一人のキャリアを尊重し、大きな裁量とやりがいのある仕事に挑戦できる制度
<New Bamboo!(新規事業・施策決議案バトル)>
新規事業や社内向けの制度など、すぐに始められる企を1チーム3案持ち込んで対決します。実行可否について代表の南がその場で決裁し、決裁されたものは必ず実行されます。

<FF制度>
役員・本部長陣と誰でも1対1で面談ができる「Face to Face制度(FF制度)」。
新規事業案や改善案から、キャリア相談など、主体性のある意見を役員・本部長陣に伝えることができるカルチャーがあります。

その他、社員のキャリア・働き方支援の観点での制度や、社内交流を促す制度など、ユニークな制度があります。

Beschreibung

戦略広報として、各事業、及びコーポレート・コミュニケーション活動の最大化を担っていただきます。

当社は創業当時から、戦略的な広報を展開しており、当社代表も広報を最重要ミッションの一つと位置付けています。これまでの積極的な広報活動の結果、現在では、テレビや新聞、Web、雑誌など年間数百メディアへの掲載が実現しています。ただ、今後も圧倒的なスピード感で事業を創り、世の中に新たな価値を提供していくためには、広報機能の強化は必要不可欠です。そこで現在、広報活動を通して社会への新しい価値提供をしていきたいとお考えの方を求めております。

経営者や事業責任者と密にコミュニケーションを図り、経営戦略・事業戦略を理解し、同時に社会のトレンドを考慮した上で、メディアの方々が興味を持つであろう広報プランを経営者や事業責任者に提案し、実行しています。そのため、既に決まったことを広報する一般的な広報活動とは異なり、経営者・事業責任者の参謀的な役割を担いながら、企画を提案・実現するプロデューサーとしての役割を担っていただきます。

【具体的な業務】
・経営陣や各事業責任者へのヒアリングや広報プランの提案
・メディア取材対応
・記者とのリレーション構築
・記者発表会をはじめとした社内外のイベントの企画・運営
・ソーシャルメディアの運用及び効果測定
・コーポレートブランディングにおける各種クリエティブの企画・作成
・経営判断に資するメディア関連情報の収集及び経営層へのレポート など

応募資格
【MUST】
・広報経験者
・社内外調整能力/文章能力/リーダーシップ(答えが見えないなかでも、自ら情報収集し周囲を巻き込みながら形にできる方)がある方

【WANT】
・経営陣と同じ目線で会話ができる高いビジネススキル

Hervorgehobene Beiträge

Allgemeine Infos
Suche nach 広報(コーポレート・サービスP
Jobart Mit Berufserfahrung
Infos zum Unternehmen
Gründer 南 壮一郎
Gegründet April, 2009
Mitarbeiterzahl 1428 Mitarbeiter
Branchen IT (Internet/Mobile)

Weitersagen (4)

Weitersagen (4)

Standort

東京都渋谷区渋谷2-15-1 渋谷クロスタワー12F