This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.
Marketing

インバウンド比率90%超!コンテンツ・イベントマーケティングをWANTED

株式会社PR TIMES

Mitglieder von 株式会社PR TIMES

Alle anzeigen (5)
  • 1996年 山一證券入社後、コンサルティングファームなどを経て、2006年 株式会社ベクトル入社、取締役に就任。2007年にPR TIMESを立ち上げ、2009年 株式会社PR TIMES代表取締役社長に就任(現職)。

  • 広報、アライアンス、事業開発、M&A、社内活性化、等を担当。

    1980年生れの島育ち。観客に意識変化をもたらす映画の作り手に憧れた高校時代、東京大学に進学したのに演劇に没頭した大学時代、その後の役者志望時代を経て、2005年にベクトルグループへ。
    2007年4月のPR TIMESサービス開始と同時に株式会社PR TIMESにジョインし、PR×テクノロジーを活動の場に。
    最初は問合せ対応やサイト運営等からスタートし、PRプランナーやサービス企画運営など諸々経験しつつ、10年以上。その間にグループが上場(現在は東証一部)、PR TIMESとしても2016年3月に単体で東証マザーズ上場、2018年8月に東証一部へ市場変更を果たすなど、節目を経験してきました。
    2017年6月に新設した経営企画本部で広報、アライアンス、事業開発、M&A、社内活性化、等を担当しています。PR TIMESは第二創業期まっさかり。いろんなことに好奇心と足を突っ込みながら楽しく仕事してます!

  • 慶応義塾大学卒業後、WEB制作会社・映画宣伝会社を経て2014年4月PR TIMEへ。現在は主にフロントエンド・エンジニアとして、サービスの設計から実際のコーディングまで担当しています。

  • PR TIMES(http://prtimes.jp/)で営業・マーケティングを担当しています。

Was wir machen

  • 571fcff9 5f74 4b43 92be 38701cc56e5e?1556331567 PR TIMESがニュースの流通構造を変えていきます。
  • E61ebe27 86eb 456c bfaa 94d26157bfbb?1519877750 コミュニケーションの課題を解決するサービスを運営

当社は企業とメディアそして生活者をニュースでつなぐインターネットサービス「PR TIMES」を中心に、PR・コミュニケーション領域で様々な事業を展開しています。

◆PR TIMES(プレスリリース配信サービス)
https://prtimes.jp/
企業や団体など「世の中に広めたい情報を持つ人」がサービスを利用し、メディアや生活者に対して情報を届けることが出来ます。

企業には、ユニークな新商品の発売、画期的な研究成果の発表さらには電撃的な業務提携など、多くの人に知って欲しい出来事があります。しかし、近年メディアが受け取るプレスリリースの数が増加しているという傾向もあり、多くの中から記者に選ばれなければ生活者に届けることが出来ません。
(もちろん自社HPやSNSでの発表で話題になるケースもありますが、注目度の高い企業はひと握りになっています)

PR TIMESは、企業とメディアのマッチングにとどまらずに、企業の一次情報であるプレスリリースを生活者に"ニュース"として二次情報のように楽しんで読まれるようなサイト、サービスを実現しています。
常に最新の情報が集い、企業自身が発信者となっていることから情報への信頼度も高く、メディアや生活者にとってのネタ探しの場として機能しています。

その他事業として以下を展開しています。

◆PRの戦略立案・PRプランニング企画実施
事例: http://prtimes.co.jp/works/works_cate/pr-planning/

◆Tayori(カスタマーサポートツール)
https://tayori.com/

◆Jooto(タスク・プロジェクト管理ツール)
https://www.jooto.com/

◆WEBクリッピングサービス(広報効果測定サービス) ※子会社運営
https://webclipping.jp/

◆ ITスタートアップニュースメディア「THE BRIDGE」 運営
http://thebridge.jp/

◆若手ビジネスパーソン向けメディア「U-NOTE」運営
http://u-note.me/

◆WEBメディア運営 ※子会社運営
https://isuta.jp/
https://irorio.jp/
など

Warum wir das tun

  • 3ce7f1d8 3054 46b2 8b4b f40e2d9649cf?1554176433
  • C8375b85 caa4 4f21 ba70 58b49ca6ea01?1554176434

私たちが日々目にするニュースは、世の中がよりよくなっている実感とはかけ離れています。悲惨な事件や事故、行政への不満、人々の活躍よりスキャンダルや転落がセンセーショナルに繰り返し報じられています。

私たちはこの現状を嘆くのではなく、当社の事業を通じて、懸命に働いている人の活躍がニュースの主役となるような社会を目指します。また、ニュースの領域を超えて大きな役割を担い、社会を前進させるイノベーションを起こしたいと考えます。

【Mission】http://prtimes.co.jp/recruit/mission/
行動者発の情報が、人の心を揺さぶる時代へ

Wie wir's tun

  • E0abeb97 9dea 42a2 b782 58c8ddac5dfd?1556331567 地方銀行との業務提携を実現した社員自らプレスリリースで語る
  • C19827a1 ae40 49fa bdc5 7d1816413e01?1554176572 クライアントサクセスのために、クライアント向けカンファレンス「PR TIMESカレッジ」を開催、最大500名規模

2017年に定めた「Mission」や「Values」を軸に、ポジションや年齢にとらわれず、メンバーそれぞれが自分の与えられた役割を越えてサービスを前進させるために、自ら考え行動することを目指しています。

【Values】https://prtimes.co.jp/mission/
ーAct now, Think big
ーOpen and Flat for breakthrough
ーOne's commitment, Public first.

社員、社内の様子については、google driveをご覧ください。(複製、共有などはご遠慮くださいませ)
https://drive.google.com/drive/folders/14Hun-FBw8tfNgzR0GQBEH6AmLaTKwQa2?usp=sharing

Beschreibung

PR TIMESは現在、新規利用企業の内90%超がクライアントご担当者からお問い合わせいただいています。
現在、インバウンド比率をさらに高めるために、コンテンツマーケティングやイベントマーケティングの強化は効果的だと考えています。

現在、イベントマーケティングでは各種カンファレンスの出展や、勉強会やMeetUpなどを開催しています。
直近では、TechCrunch Tokyo 2016にもスポンサーとして参加し、ブースを出展し、スタートアップバトルではスポンサー賞を贈らせていただきました。
http://jp.techcrunch.com/2016/11/18/tc-tokyo-2016-startupbattle/

また、コンテンツマーケティングでは、お客様事例の公開などを行っています。
http://prtimes.co.jp/works/

現在、営業メンバーが業務の一部として行っているコンテンツマーケティングやイベントマーケティングに、限界を感じています。
そこで、当業務に専任して実行できるマネージャー候補を募集いたします。

【業務詳細】
・コンテンツ・イベントマーケティングの戦略立案および実行まで携わって頂きます。

★具体的には
■コンテンツマーケティング
マーケティングのために、コンテンツの企画立案・運営・実行をお願いします。コンテンツ作りにおいては、必要に応じて取材などをしながらターゲットに伝わるコンテンツ制作をお願いします。また、制作したコンテンツをターゲットに届け、広めるためのマーケティング活動もお願いします。

■イベントマーケティング
マーケティング(リクルーティング目的も含む)のためのイベント企画を立案し、社内外のステークホルダーを巻き込みながら、マーケティング活動の運営・実行をお願いします。
また実施したイベントを当日限りのものとせず、コンテンツとして再加工し、Web、ソーシャル、メール、小冊子など最適なフォーマットで再活用していくことの企画立案・実行もお願いしたいと考えております。

【必須(MUST)】
※下記いずれかの経験が必須
・オウンドメディアの運営・立上げ経験
・媒体社での編集、執筆経験
・フリーランスのライター経験
・コンテンツマーケティング、ソーシャルメディアマーケティング経験
・マーケティングイベントの企画運営実行経験

【歓迎(WANT)】
・ソーシャルネットワーク上で影響力のある方

【求める人物像】
・メディア、SNS、ネットに対する興味関心が高い方
・リーダーシップを発揮し、プロジェクトを成功に導くことができる方
・自分から行動し変化を起こせる方
・新しくチャレンジすることを厭わず、成長することに貪欲な方
・誠実に業務に取り組み、素直に対応できる方

Hervorgehobene Beiträge

Allgemeine Infos
Suche nach Marketing
Jobart Mit Berufserfahrung / Auftragsarbeit
Infos zum Unternehmen
Gründer 山口拓己
Gegründet Dezember, 2005
Mitarbeiterzahl 48 Mitarbeiter
Branchen IT (Internet/Mobile) / Media / Publishing / Advertising

Weitersagen (11)

Weitersagen (11)

Standort

東京都港区南青山2-27-25 オリックス南青山ビル 3F

Page top icon