This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.
データサイエンティスト

「面白そう!」が口癖。職場でカフェを作る企画屋なデータサイエンティストです

ディップ株式会社

Mitglieder von ディップ株式会社

Alle anzeigen (4)
  • ディップ株式会社 次世代事業準備室 / dip AI.lab
    データサイエンティスト

    趣味は、宝塚歌劇。月組娘役の愛希れいかさんが好き。
    着物、はじめました。

  • 新規事業責任者としてイベントメンターを務めます。
    ふだんは特命係長的しごとをしています。すきなものはお肉。

  • 元PHPer、元インフラ野郎、現在は新規事業を担当。
    好きなものはドラクエと服。
    人工知能を使って、世界中の人が驚く革命的なサービスを構想中....
    2017年はAI×◯◯な大きなチャレンジをする予定。

  • アニメの聖地を探せる「聖地巡礼マップ」のプロダクトオーナーをしています。

    好きなことを好きなように好きなだけ。
    世界で一番自由なビジネスマンを目指しています。
    私のモットーは「遊ぶように仕事する」
    いい意味で仕事とプライベートが分かれていません。

    ただし、はじめたら徹しきる。
    大層な問題が起こっても、壮大な冗談で笑って乗り越える。
    そして、今を欲張って、未来を笑う。

    夢は「世界をアップデートする」こと。

    将来は、ワンピースみたいな集団をつくりたいんです。
    1人がたくさんできるんじゃなくて
    1つでもスペシャルな何かを持っている人をたくさん集めたいんです。

Was wir machen

  • ガリガリ言わせてます。分析も、これくらいガリガリ回したい。
  • 32Fなので、景色がいいです

ディップ株式会社は「バイトル」「はたらこねっと」「ナースではたらこ」等の割りと有名な求人サイトや「AINOW」「スタートアップタイムズ」「聖地巡礼マップ」などのちょっと変わったサイトを提供しています。2004 年 5 月東証マザーズ上場、2013 年 12 月東証一部へ上場。2016年 2 月期売上高は 267 億円。

Beschreibung

最近、カフェを開きました。
場所は、ぼくのデスクと隣に置いたテーブル。

日々、200人くらいが働いているフロアの真ん中で、「ガガガガガ!!」とその都度コーヒー豆を挽いています。

屋号は「カフェ・ドゥ・オークボ」。
コーヒーがなきゃ仕事も、はかどりません。

はじめまして。おおくぼです。
本業はデータサイエンティストです。趣味はコーヒーと着物とミュージカル。
2016年に大学を卒業して、今はdip AI.Labというチームで遊んで…働いています。

ぼくは衝動性が高いみたいで、「面白そう!」と思ったらなんでも手をつけています。

だって、「バイトル」「はたらこねっと」「ナースではたらこ」といった人材サービスを運営するdipには、たくさんのデータが。さらに、会社は今年20周年、社員は1500名以上。ということは、dipではたらく人のデータもたくさん。
よだれが出ますね…!

まだ無いけど必要なデータは取りにいきます。直接ユーザーさんに調査したり、社内アプリを作ってデータを取れる仕組みを作ったり。学生時代に心理学を専攻していたので「必要なデータをとりにいく」ことに強みがあるので、活かしています。

データ利活用を軸にして製品化をイメージしながら社内の業務支援ツールとそのアルゴリズムを作ったり、すでにあるデータと調査データを組み合わせて事業課題の分析と提言をしたり。
実際にサービスをやっている事業会社なので、施策や企画にも大いに踏み込みながらそれらの仕事ができるのが面白いです。

ただ、それなりに大変なことも。

dip AI.Labは新しい組織です。
ビジネスやシステムに関しては経験豊富な先輩と一緒に仕事ができ学べますが、
データ分析に必要な知識・スキルは自ら学びにいかないといけません。

たとえばぼくの場合は…
仮説検証のために調査実験データをSPSSというツールを使ったの分析経験はありましたが、整っていない実務データを扱った経験は少なかったですし、PythonやRでのプログラミングも0から。他にも、インプットしないといけないことがいっぱい。
そういう意味では、まだまだ「データサイエンティスト」とは胸を張って名乗れないかもしれないです。

また、ぼくのように新卒1年目であっても、
データや分析に明るくない偉めの人たちにも、適切で説得的なストーリーをもって説明しないといけません。
大変な分、楽しいですし、力もつくと感じています。

例えば、こんなお仕事も課題設定の段階からインターンさんと一緒に取り組みました。

▼新卒採用を、まっとうに ーグループディスカッション評価の適正化ー
https://www.slideshare.net/ssuser520862/ss-78182421

もっとやっていることはあるのですがテーマ上、具体的なお話はここに書きにくいので、興味を持ってくれた方は、一緒にコーヒーでも飲みながら話しませんか。
「カフェ・ドゥ・オークボ」で美味しいコーヒーをお淹れしますよ!

もちろん、就活生じゃなくてもOK。
お互いに良いなと思ったら一緒にうちのデータを触ってみましょう。

ただ、大学で統計に関する講義を履修してたり、研究手法としてデータ分析を使ってないと厳しいかもしれないです(研究で使う予定でもOK)。�応募の段階では、t検定や回帰分析という言葉を聞いて、なんとなくでもイメージがわくレベルからで大丈夫です!

Hervorgehobene Beiträge

Allgemeine Infos
Suche nach データサイエンティスト
Jobart Berufsanfänger / Praktikum/ werkstudent
Besonderheiten Internationales Team / Studenten willkommen
Infos zum Unternehmen
Gründer 冨田英揮
Gegründet März, 1997
Mitarbeiterzahl 1967 Mitarbeiter
Branchen IT (Internet/Mobile) / Advertising / Human Resources / Nursing Care

Weitersagen (54)

Alles anzeigen

Weitersagen (54)

Alles anzeigen

Standort

東京都港区六本木1-6-1 泉ガーデンタワー32F