This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.
リサーチャー

先端技術を製品やサービスに取り込む研究を行いたいリサーチャー募集

株式会社レトリバ

Mitglieder von 株式会社レトリバ

Alle anzeigen (1)
  • 15年くらいJavaで多くの仕事に携わってきました。(途中、C#の開発にも携わったこともあります)
    その分野は多岐にわたっていて、ヒューマノイドロボットのシミュレーターであったり、リッチクライアント(なつかしい響き!)のフレームワークであったり、DataSpiderというデータ連携のミドルウェアの開発だったり。
    2003年、2004年にはIPAの未踏ソフトウェア事業に採択されたこともありました。
    2014年からはユビレジ社に転職してRubyistに転身しました。
    ユビレジでは3年間Webアプリケーションの開発に従事し、機械学習系の仕事をしたいと思い、2017年11月からは株式会社レトリバ...

Was wir machen

  • 67e24b65 5dcd 427b 8721 d016b8958613

【事業内容について】
自然言語処理、深層学習、機械学習の技術をコアに最先端の技術を取り入れ、情報を"発見"、"整理"そして"分析"するための各種のサービスを開発しています。
当社では主に顧客の声の分析に特化した分析ツールである「VoC Analyzer」と回答支援ツールである「Answer Finder」の2つの製品を展開しています。

【当社の強み】
自然言語処理、大規模データ分析基盤、機械学習、深層学習などの領域で最新の技術を取り込んで実装する技術力に強みがあります。
自然言語処理領域でビジネスを行っている企業はGoogleやBaiduなど海外企業が中心です。
こうした中で我々は日本語に特化した自然言語処理技術を持つことで優位性を持っています。

【プレスリリース】
「レトリバとスカパー、AI活用したコンタクトセンターの実現目指す」
http://ascii.jp/elem/000/001/582/1582927/

「レトリバと朝日新聞社、新聞記事から作成した「単語ベクトル」を公開」
https://retrieva.jp/archives/164
http://www.asahi.com/shimbun/medialab/word_embedding/

「言葉の曖昧さを機械が認知できる時代はすぐそこに」
https://frontier.bizreach.jp/business-model/retrieva/

「AIで新聞社の抱える課題を解決--コールセンターの効率高める自然言語処理の使い所」
https://japan.cnet.com/article/35097512/

Warum wir das tun

  • 20bc27db df80 4b48 b640 3a48439b1624?1511254213
  • 9d82063b 09fe 4ebd 80d5 cadd44c5782a

将来、社会において機械やロボットとのインターフェースが重要となってきます。
従来はキーボードでの入力によって機械とやり取りされてきたことが、会話などより人間らしいインターフェースに変化してきています。
しかし、人間にとって自然な言葉は機械にとってはとてつもなく複雑であり、取扱づらいデータです。
だからこそ、当社は自然言語処理を軸に研究開発を推進することで、AIが社会に貢献する一助となろうと考え事業を展開しています。

Wie wir's tun

【当社について】
当社はPreferred Infrastructureからスピンアウトした会社です。

2016/10/31付けで、株式会社Preferred Infrastructureより、統合検索プラットフォームSedueを核とする検索及びそれらに付随する自然言語処理、機械学習事業を取得する旨の事業譲渡を受け、事業を開始しました。
自然言語処理、機械学習、深層学習の技術をコアにお客様の課題を最適な技術で解決することを事業目的に事業を展開しています。

2017年3月に2.5億円の資金調達を実施いたしました。
資金調達により、より一層の人員拡大を目指し、お客様の課題を最先端の技術で解決を図り、新たなテクノロジーの価値を社会に届けてまいります。

【理念について】
我々は3つの理念を掲げています。
・お客様の課題を最適な技術で解決する
・最先端の技術に挑戦し、実用化する
・人への投資を惜しまない

お客様の課題を技術をもって解決することを第一としています。
最適な技術を提供するために、最先端の技術の実用化に挑戦しています。
そして、それを支えるのは人財にほかならないと考えています。
人への投資が回り回って、お客様の課題を解決することにつながると信じています。

Beschreibung

製品の競争力強化、新製品開発のための最先端の技術の検証及び研究開発を行います。

【当社で身につくスキル/経験】
・論文の中身を実装する、それを製品やサービスに活かす等の経験
・自然言語処理
・情報検索
・手法をソフトウェアとして実現する際に必要となるコンピュータ科学の基礎力
・アルゴリズムやデータ構造
・線形代数、確率統計などの数理科学
・Linuxでのソフトウェア開発
・CPU/メモリ/ディスク等のアーキテクチャ
・機械学習の知識及び実装

Allgemeine Infos
Suche nach リサーチャー
Jobart Berufsanfänger / Mit Berufserfahrung
Infos zum Unternehmen
Gründer 河原 一哉
Gegründet August, 2016
Mitarbeiterzahl 34 Mitarbeiter
Branchen IT (Internet/Mobile) / IT (Telecom/SI/Software)

Weitersagen (12)

Weitersagen (12)

Standort

東京都新宿区西新宿2-1-1 新宿三井ビルディング36階

Page top icon